記事

北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」発射の兆候

1/2
画像を見る

北朝鮮で発射の兆候を見せていたミサイルはKN-08ではなく、中距離弾道ミサイル「ムスダン」でした。アメリカの軍事衛星が北朝鮮東部・元山(ウォンサン)付近でムスダンが積み下ろされたことを確認したようです。

北朝鮮は北と西に向けては発射しませんし、現状、韓国上空を通過するルートも政治的に危険過ぎます。不幸なことに、残った東向きの日本上空ルートで試射するものとみられます。

ノドンやテポドンに比べて、ムスダンという名前は聞き慣れない人も多いと思います。これからニュースなどでも取り上げられると思いますので、その時の理解のとっかかりになる程度にムスダン情報をまとめてみます。

中距離弾道ミサイル「ムスダン」

1990年代半ば以降、北朝鮮は旧ソ連の技術者を招いて潜水艦発射型弾道ミサイル・R-27をベースにミサイル開発を進めました。R-27は潜水艦から発射するためにサイズを小さくする複雑な技術を採用していたため、これを北朝鮮の技術でも製造・整備できるように簡素化し、陸上発射型に改良しました。

初お目見えは2010年。北朝鮮での呼称は現在も不明ですが、発射基地のある舞水端里(ムスダンリ)の地名にちなんで「ムスダン」というコードネームが付されました*。

R-27をベースにしたものですので、ムスダンはもともと技術的にはある程度確立されたところから始まっています。ムスダンそのものは未知数ですが、弾頭やロケットモーターの技術の一部はパキスタンやイランに輸出もされ、ガウリやシャハーブ3系といったミサイルに採用されています。イランでは2000年代に行われたミサイル実験の多くがムスダンやノドンの技術試験が含まれていたと見られますし、19発のムスダンがイランに引き渡されたという情報もあったりするので、同じく発射実績のないKN-08に比べれば、わりと出来上がった印象のあるミサイルです。移動発射車両搭載式という点から、生残性にも優れたシステムですしね。

今のところムスダンの諸元は以下のようなものと推定されています。

全長:12~19m
直径:1.5~2m
重量:19~26トン
ペイロード:650~1,200kg
弾頭:単弾頭
推進方式:1段式液体燃料
射程:2,500~4,000km(IRBM級)
CEP:1.3~2km

北朝鮮からハワイは約7,500kmですし、米本土西海岸を攻撃するには10,000km必要です。反対に韓国や日本の首都圏を攻撃する際、4,000kmというのは過剰な射程となってしまいます。

グアムまでは約3,400km。ムスダンがグアム攻撃用であることが分かります。
リンク先を見る
(ムスダンの射程範囲。赤い丸は平壌を中心に4,000kmの範囲。)

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。