記事

奇妙な弁護士「就職難」記事

 弁護士の就職難に絡んだ、ちょっと奇妙な新聞記事が出ています。4月3日付け毎日新聞大阪夕刊の「憂楽帳『就職難』」

 紹介されているのは、司法修習を終え、就職難で焦っている20代の女性の話。弁護士志望の彼女は既に10を超える弁護士事務所の門をたたいているが、採用してもらえない。その彼女が、「関西のベテラン弁護士」に相談した、と。いまや、この世界を知っている人ならば、珍しくもない、この女性に限らない「普通」の話です。

 ベテランに「弁護士として何がしたいのか」と問われ、彼女は言います。「仕事内容のこだわりは捨てた。とにかく就職したい」。

 記事は、修習後の弁護士未登録者過去最多、就職難で弁護士会費が払えない弁護士の現実に触れたうえで、場面を前記ベテランと新人の相談に戻し、こう締めくくります。

 「喫茶店でベテラン弁護士と向かい合った女性の目には涙が浮かんでいた。弁護士は熱くなって叱ったという。『泣いている人を助けるのが弁護士の仕事じゃないか。自分が泣いていてはだめだ』。難関をくぐって獲得した法曹資格。今は厳しくとも、志だけは決して捨てないでほしい」

 この記事を見た弁護士の感想として、このベテラン弁護士の対応に首をかしげるものがネットに出ています(「弁護士のため息」 「Schulze BLOG」)。要は、ここは「熱くなって」叱るところか、と。それは、全く同じことを感じました。ベテランは、いかにもという精神論を掲げています。確かに弁護士の仕事は泣いている人を助ける仕事ですし、こういう場面で、「泣いている場合じゃない」という、それこそありきたりな、なぐさめともいえない対応は、一般的といえるのかもしれませんが、いわば、それだけの話です。

 新人弁護士の窮状をよく知っているはずの、このベテランが、そんなありきたりな切り口で、彼女を叱ることに意味があると思っていること自体が不思議です。そのベテランが、自分の就職時に、どれだけ苦労されたかは分かりませんが、おそらく、今、10事務所にふられている彼女を、そのベテランは自分のところでの採用も、紹介もして上げられないようにとれることからも、この反応は不思議な感じです。「すまん、僕は力になってあげられない」という、一言は、記者が引用していないだけなのだろうか、そんな気持ちにさせられます。

 そもそも、この記事は一体、何が言いたかったのでしょうか。弁護士就職難の実情と女性弁護士志望者の同情したくなるような姿。それを叱咤するベテラン。結論は「今は厳しくとも、志は捨てないで」。今、乗り切れば、やがて道は開かれるはずだ、それまで志はなんとか捨てるな、ということでしょうか。これがどうしても無責任に聞こえるのは、その肝心の道がやがて開かれる話をだれもリアルに想像できていないこともさることながら、これが就職のためには志を捨てるしかないと言っているようにとれる人間、いや、捨ても就職がない人間に向けられていることです。中身のない「なんとかしろ」は、時に見捨てているのと同じ響きを持ちます。

 結局、この記事は、なんの裏付けもない精神論だけが突き付けられている弁護士志望者の状況を伝えているというべきです。「甘えるな」「弁護士以外みんなそうだ」という声も聞こえてきそうです。ただ、仮にこの就職難の先に「仕事へのこだわり」を捨てた弁護士だけが残るというのであるならば、それが本当にこの社会にありがたいことなのか、その覚悟を導き出したものがなんだったのかは考えなければなりません。彼らが捨てる「仕事へのこだわり」は、決して手取り額や待遇だけの話ではありませんから。

 もう一つ、この記事は、嫌なことを想像させます。このエピソード、記者は、この記事をあくまでベテランの方の取材に基づいて書いたともとれることです。ネットの反応ではお気づきの方もいるようですが、「女性の目には涙が浮かんでいた」という表現は、それを推察させます(もちろん、「私、その時、泣いてしまったら、熱く叱られちゃったんですよ」という彼女の言を、こう表現した可能性がないとはいえませんが)。もし、この推察が正しいとするならば、ベテランとしては、前記精神論を、さもあるべき弁護士の姿勢のように、「言ってあげたんですよ」と、記者に語っている姿が想像できてしまいます。なんか、これも違うんじゃないかな、と思います。

あわせて読みたい

「弁護士」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  8. 8

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  9. 9

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  10. 10

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。