記事

楽天・三木谷社長がアベノミクスに物申す

3/4

TBS買収は「若気の至り」

三木谷:楽天は沢山の企業を買収してきました。うまく行ったものも、うまく行かなかったものもあります。一番うまくいかなかったのはTBSの買収でした。私たちは従来の日本の放送局のビジネスモデルを書き換えようと思っていました。今思うと若気の至りだったかもしれませんが(笑)

旅行、銀行、証券沢山の企業を買収した。95%の会社はうまく行ったと思います。大きな成功要因は、同じ宿命を共有するということです。

相乗効果も大切ですが、企業文化とミッションをいかに共有するかがもっと重要です。企業買収の時にはまず本社ビルに来てもらって、コミュニケーションを毎日計ります。

楽天の一員だということを感じてもらう、文化を共有することが必要。買収するときは、いかに楽天が個性的な企業かを理解してもらう。たとえば、火曜日の朝は会社を掃除する。僕もやるんですよ、机や椅子を拭きます。清掃業者はもちろんいるんですが、火曜日の朝は5分間の清掃時間、一種の儀式のようになっているんです。

企業文化を書き換える5つの原則

三木谷:企業文化のルールを書き換える、5つの原則があります。

1、「カイゼン」の考え方
1つのサービスを改善することによって、全体に質の向上が伝播していく。IT業界でこの発想は非常に重要。

2、「プロ意識を持つ」
堀江貴文さんが釈放されて、個人としては喜んでいる。彼が受けた刑は重すぎたと思っている。それはさておき、インターネットサービスではグレーな領域が多い、だからこそ倫理意識を高く持たなければいけない。

3、「仕組み化」
新しい仕組み化が必要。PDCAだけでは不十分、仕組み化を作りこむ事で相対的に組織の品質を向上させる。

4、言うまでもなく、「顧客満足度を最大化」していくということ

5、「スピード」とにかくスピード感を保つ

本の売り上げは東北に寄付

三木谷:個人として、10億円ほど被災地に寄付し、楽天グループとしても数十億ドル寄付をした、もちろん、ユーザーも沢山寄付してくれました。この本の著作権料もすべて東北に寄付いたします。

「新経済サミット2013」開催

三木谷:新経済連盟として、初の国際サミットを日本でやります。(4月16日)安倍首相もご同席いただきます。キーノートスピーカーはアンドロイドを作った、GoogleのAndy Rubin、TwitterのCEO JackDorseyなどなど。彼らは日本は大好きです。今の日本の社会をいい意味で揺るがしたいと思っています。

あわせて読みたい

「楽天」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    村感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  3. 3

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  4. 4

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  7. 7

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  8. 8

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  9. 9

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  10. 10

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。