記事

アジアのインターネット

画像を見るInternet en Asieと題する本は、Picquier PocheのL'Asie Imédiateというシリーズの新書サイズの一冊である。

アジアのインターネットとしてフランス人が興味を惹かれるのは、特に民主化とインターネットの関係や、アジア的文化の中での自由なネットワークがどういう姿を見せるかである。

例えば、中国にインターネットが普及することで、中国政府がどのように振舞っているか、その意図にもかかわらずインターネットを経済発展の道具として使わざるを得ず、それに伴いインターネットによる意見表明の機会や情報収集の機会が民衆に広がることで、民主化が進むかどうか、楽観的ではないにしても、変化がないはずがないということである。

インターネットの言論状況では、日本における2ちゃんねる文化、あるいは韓国におけるOh My Newsによるメディアの変革などが注目の的となっている。

特にOh My Newsについては、欧米においても旧来のメディアがインターネットによって大きな変革を迫られ、場合によってはオルタナティブに可能性を開いている状況が有り、この点からアジアにおいても韓国のOh My Newsが注目の的となるのである。

日本については、Karyn Poupéeという人が書いているが、ワープロやポケベルの時代からの情報ネットワーク状況を紹介し、1999年のiモード登場、2001年のYahoo! BBによる無料モデム配布などのエポックメイキングな出来事を追って現在までの歩みを叙述している。

全体として正確な描写だが、現在でもなおMixiが日本で一番人気だとされているところは疑問である。データが古いのか、依拠した意見が現実にキャッチアップ出来てないのか、FaceBookなどが実名主義で日本人に受け入れられないという、ちょっと前の分析がなされている。
2ちゃんねるについても、最近の麻薬売買幇助事件までも取り上げられているが、依然として日本のインターネットシーンの中心にあると言わんばかりの扱いには疑問がある。
動画共有についてはニコニコ動画が取り上げられており、事業仕分けがネット中継されたことも興味深いようだ。

福島第1原発の以降のメディア・政府不信とインターネット情報への、やや過剰な信頼などにも目配りし、現代日本の状況分析として参考になる。
他のアジア諸国、中国、インド、韓国についても読んでみようと思わせる一冊であった。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  3. 3

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    強豪スペインと渡り合ったサッカー日本代表 最後まで希望を失わない全員攻撃に感動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    08月04日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。