記事

堀江貴文氏の出所を歓迎し、新たな世界に向けて新たな挑戦を始められることを期待する

ブロゴス・ニュースの読者の方は私の古い記事にまで目を通していただくようだ。ブロゴスから私の記事が支持されました、という通知が2通も続いた。

滅多に私自身が自分の過去記事を読むことはないのだが、へーと思うようなことだったので昔の記事を読んでみた。2011年6月21日付の「堀江隆文氏の勘違い」という一文である。

私自身、そうだったか、なるほど、と思うようなことが書いてある。私なりに真面目に書いていた。

もうあれから2年近くにもなるのか、と驚いてもいる。昨日堀江氏が仮出所で釈放されたようだ。

実に修養を積まれたようである。堀江氏も逆境には強い、タフな人のようだ。必ず何かをやる人だと思っている。

マイナスをプラスに転化できる力を秘めている。大阪の橋下徹氏のような魅力を持った人だ。

いい参謀がいれば、どんどん大きくなれる。いい仲間がいれば、どんどんいい仕事が出来る。

これからはハンデがある人がどうやってそのハンデを乗り越えていくのかをみんなで見守る時代である。私は、堀江氏に心からエールを送る。

さあ、これからだ。

参考:2011年6月21日の私のブログ「堀江貴文氏の勘違い」

「ライブドアの堀江貴文氏が昨日収監されたが、こういうことは本来お祭り騒ぎの対象にすべきではない。

面白おかしくこの短い人生を生きてやろう、太く短く生きてやる、などと思っているのかも知れないが、裁判や刑の執行ということに対しての敬意や厳粛な思いというものをそもそも欠いているところに問題がある。

世間を甘く見ているようだ。受刑生活は、ダイエットのためにあるものではない。多くの人は、警察や検察の取調べを受けただけで人生が狂う。ライブドア事件で犠牲になった人も確かいたはずだ。

自分一人のことばかり考えているから、最後の最後まで馬鹿騒ぎをして、収監されるのにわざわざモヒカン刈りにしてしまったのだろう。堀江氏は勘違いをしているようだ。わざわざ自分を虚仮にしている。自虐ネタを濫発しているようなものだ。

こういう堀江氏の勘違いをこれ以上増幅させないことだ。

本人には自分の見苦しい姿が見えないのだろうが、実はずいぶん汚い。不健康そのものだ。収監されるまでに葛藤があったのだと思う。はしゃいでいる割に、その所作に美しいところがない。ずいぶんと不摂生な生活を送っていたのではないかと思うような外貌をしている。若い人たちは堀江氏を英雄視などしてはならない。

日本の刑務所はずいぶん環境が良くなっていると言う人もいるが、受刑生活は基本的に個人の人格を否定するところから始まっている。普通の人は、二度と行きたくないと思うようなところである。精神の平衡を保つために毎日経典を読む人もいるくらいだ。

刑務所は、何も好んで行くような場所ではない。

修養を目的とすることはいい。しかし、ダイエットのために収監されるというような、不謹慎なことは口にすべきではない。しゅうよう、違いである。自ら収監のために検察庁に出頭する時は、斎戒沐浴、精進潔斎し、心静かに赴くのが普通である。決して、はしゃぐようなことではない。

おそらく中に入られたら1ヶ月でも2ヶ月でも早く出所を希望されるようになるはずだ。それこそ、1週間でも1日でも早く出して欲しいと言ってきた受刑者を私は知っている。

私は堀江氏の豊かな発想力、行動力、感性に期待している。刑期を終えられたら、新たな発想で再び縦横に活躍していただきたいと願っている。

だからこそ、あえて苦言を呈しておく。私のこの一文が堀江氏の下に届くことを祈っている。

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  7. 7

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  8. 8

    アマビエ商標出願 電通の思惑は

    WEDGE Infinity

  9. 9

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。