記事

学校に苦情を言うときは気をつけないといけませんね

 先週は福島第一原子力発電所でネズミと推測される小動物が接触して配電盤がショート、停電につながるなんてことがありました。電源復旧後も一部のポータルサイトでは「停電続く」云々とのニュースがトップに掲載されたままで復旧を伝える報道が脇に追いやられていたりして、まぁそれが「ニーズ」というものなのかなと思ったり。ちなみに勤め先では、電力会社ではなく通信事業者相手ですが、鼠害対策を売り込んでいたこともあったんだよという話を聞きました。残念ながらどこからも採用されなかったそうです。結局は「どのレベルまで」ということにもなるのですけれど、鼠害対策にもコストはかかる、コストに見合った結果が得られない、鼠よりも他のリスクを考慮した保安策の方が優先順位が高いと判断されてしまったのでしょう。

「娘の骨折、担任のせい」強要未遂容疑で父親逮捕 東京(朝日新聞)

 長女が骨折したのは担任の教師のせいだと小学校に不当な要求をしたとして、警視庁は23日、東京都葛飾区鎌倉1丁目、職業不詳亀山順一容疑者(35)を強要未遂の疑いで逮捕し、発表した。「電話はしたが強要はしていない」と容疑を否認しているという。

 葛飾署によると、亀山容疑者は、葛飾区内の小学校に通う長女が昨年12月に転んで骨折したのは担任が重い荷物を持たせたためだ、として2月20日、50代の女性副校長に電話し、実印を押した文書を出せなどと脅して義務のないことをさせようとした疑いがある。

 亀山容疑者は12月以降、学校を訪れたり電話やメールをしたりして、副校長や担任に「教育委員会に行く」「殴り込みに行くぞ」と伝えてきていたという。

 モンスターペアレント、というのは便利な言葉なのかも知れません。このマジックワードを使えば、その人の頭の中では問題が片付いてしまうようですから。なおモンスターペアレントのものとされる逸話の一つに「指揮者役の子供が背中しか見えないから、こちらを向かせろという親」がいたとか。この都市伝説のルーツはどこにあるのでしょうか。意外にオーストリアの名指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤン辺りだったらおもしろいなという気がします。カラヤンも演奏中に自身の背中しか見せられないことに不満を持っていたそうで、まぁモンペ云々と喧しくない世界では、ちゃんとカラヤンの不満は解決されるに至ったのですが。

 それはさておき上のニュースはどうでしょう。なんと学校側に不問を訴えた保護者が「逮捕」されるに至ったそうです。どの程度まで学校に「迫った」のかにもよりますが、これで「逮捕」とは随分と酷い話に思えます。昨今はいじめや体罰による生徒の自殺で学校教員側が責められるケースも目立ちますけれど、今回の発端はどれほどのものだったのやら。実際、教員の不適切な指導や不作為によって児童が危険にさらされるケースは珍しくありません。死亡などの重大事故に至れば当然ながら裁判沙汰に発展したり学校に警察が乗り込んだりもするわけで、今回は幸いにして骨折で済んだとしても児童や保護者が深刻な危機を感じていたとしても不思議ではないでしょう。

 その辺は本人の主観に左右されるところが大いにせよ、生徒の怪我に対して学校側の対応は誠意あるものだったのか、もし各種のいじめ/体罰を発端とする自殺事件の舞台となる学校が往々にしてそうであるように、問題を隠蔽しようとするばかりで謝罪も今後に向けた改善策もない、ロクな説明もないとあらば話がこじれるのは当たり前、時には感情的な言葉が飛び出すのも当たり前です。「実印を押した文書」の提出は義務ではないかも知れませんが、それ以前に生徒の安全管理には学校側の責任があります。私だって職務上は、支払いが大きく遅れた顧客に念書の提出を求めたりしたことがあるくらいで(まぁ会社の指示ですけれど)、そこで念書を提出する義務はない!などと言われたら、それはどうなんだろうかと思うところです。

 まぁ逮捕されたからには、保護者側の「迫り方」が相応に度を越したものだったのではないかと推測されます。ただ、その辺は報道されていません(他紙にはもう少し詳しいものもありますが、逮捕する程か?もっと酷いことが学校内では普通に繰り返されていないか?とも)。報道する必要なし、と判断されてしまったのでしょうか。率直に言って、純粋に伝えられた内容だけでは逮捕は過剰な反応に見えます。なぜ逮捕にまで至ったのか、例えば自称経済学者の高橋洋一氏が時計や財布など30万円相当を盗んで警察に取り押さえられるなんてこともありましたが、これですら書類送検のみで「逮捕」には至らずに済んでいるわけです。「逮捕」というのは世間で思われているよりも重いもの、その「逮捕」にまで至るには相応の理由が求められます。しかし、それだけの理由が今回の一件では報道されているのでしょうか? 子供が怪我をして、それで学校と一悶着起こしただけで逮捕? しかも堂々の実名報道ですから家族(児童)にも類は及ぶことでしょう。そこまでしなければならないものとはとうてい考えられないのですが、なんとなく「モンスターペアレントなんだな」というニュアンスを臭わせておけば十分、逮捕(生徒ではなく学校が被害者になるときは随分と早い対応ですね!)も納得と、そういう感覚で話が進められているように思えてなりません。

あわせて読みたい

「体罰問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    維新に起死回生の一手はあるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。