記事

少子化はどれだけヤバいのか、数字でつかもう

先日書いた保育所の歴史が意外にも好評でした。誰もが知っているテーマの基礎部分って実は大事だな、と改めて感じました。というわけで、今回は少子化です。

◎200年後は今の東京都くらいの人口に

画像を見る
(出典: http://p.tl/FK5d-

現在の合計特殊出生率(TFR)が1.39ですが、だいたい今のままの現実的なライン(1.35)で考えたのが、青い線です。

2200年には人口約1200万人と、今の10分の1になります。2013年現在の東京都民人口程度です。

一方で、フランスやスウェーデンレベルの合計特殊出生率(TFR)2.1にできると、1億人程度で均衡できます。(赤や紫の線)

◎2055年に人口に占める高齢者の割合が4割

画像を見る

人口に占める高齢者の割合を高齢化率といいますが、TFRが1.35だと、高齢化率が4割までいきます。人口のうち4割が高齢者の社会は、世界史上いまだかつて存在したことがないそうです。

ただ、TFRが2.1に行くと、高齢化率は26.7%と、今と大差ない数値で安定してくれます。

◎フランスとスウェーデンは長年に渡る努力で約2に回復

画像を見る

画像を見る

色々と頑張って、フランス先輩とスウェーデン先輩は、それぞれ2.01(2010年)、1.98(2010年)まで持ち直しました。

ということで、「少子化は避けられない」という運命論は誤り。

◎じゃあ外国と何が違うのよ?それは「金」です。

画像を見る

ご覧下さい、お金の投入量を。少子化だっつってんのに、諸外国に比べて少なすぎる予算

高齢者予算と比べてみましょう。
画像を見る

はい、この通り。
高齢者と家族(こども)の社会保障給付費の差は11対1先進国の中では最悪レベルの高齢者偏重です。

この予算構造を変えて、子どもや子育てに集中投資する構造改革を成し遂げることが、少子化打開におけるシンプルな手法だと考えられます。

◎寂しくない(笑)日本だけじゃない

画像を見る

アジアの国々は、みんな日本の背中を追いかけています。
ということは、我々がここで逆転していくことによって、アジアの少子化に対し、解を提供できるようになる、ということです。

自国を救うことで、アジアの星になれるのです。

というようにデータを見ると、我々がしなくてはならないことは明白なように思いますが、皆さん如何思われますでしょうか?

あわせて読みたい

「少子化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ヘイト年金所長更迭 被害者語る

    BLOGOS編集部

  2. 2

    イチローへの批判を選手達が一蹴

    WEDGE Infinity

  3. 3

    秋元康監修のSushi劇場が大爆死

    木曽崇

  4. 4

    欧米の1周遅れな日本は「幸運」

    橘玲

  5. 5

    橋下氏「10年前の大阪に戻すな」

    橋下徹

  6. 6

    混浴投稿の炎上に元AV女優が持論

    AbemaTIMES

  7. 7

    無料ネットサービス依存で支障も

    かさこ

  8. 8

    佳子さまのお相手質問拒否が波紋

    女性自身

  9. 9

    移民時代に問う「日本とは何か」

    BLOGOS編集部

  10. 10

    相場の倍で中古PC売る業者を直撃

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。