記事

新聞は(まだ)死んでいない

1年間、隔週土曜朝に連載を続けた朝日Be「お金のミカタ」。いま、〆切を大幅に過ぎながら、最終稿ドラフトを記者の方に送った。これから直しが入ったりし、掲載は来週末なのでまだ気が早いが、せっかくなのでこの連載を通じて感じたことを振り返ってみたい。

1.  全国紙のリーチ、侮れず

「朝日の連載、読んでますよ」 このように言われたことが、何度あったことか。特に母親の友人たちや、地方講演に行った際や、メディア関係者。ネットメディアの台頭により、新聞が大きく衰退している旨はよくきくし、読者層に偏りはあるのだが、絶対数のリーチはそれなりにある限り、肌感覚としては「やっぱり全国紙の連載は凄いな」と感じた次第。もちろん、収益性や将来性については別の話だが。

これは朝日Be という週末媒体の特性もあるかも知れない。毎日の朝刊とは違って、土曜にゆっくり、コーヒーでも飲みながら、丁寧にページをめくってくれているのだろう。日 刊紙と比べると速報性は落ちる分、読ませる記事が多かったような気がする。いや、むしろ、速報性でネットに勝てるはずがないのだから、このようなじっくり 読ませる記事にフォーカスしていくのが、新聞の将来なのかもしれない。


2.  2週間はあっという間に訪れる

原稿の校了は掲載週の月曜夕方。土曜版にしては早いのだが、バタバタと週末にやり取りを終えて、ほっと一息ついて掲載号を手にすると、すぐに「次回の〆切が」との督促がくる。時間の流れの速さを体感するとともに、毎週高いクオリティの連載を続ける人気漫画家の方々の凄さを実感した次第。いやぁ、大変です。というか、通常の仕事をしながらの毎週、隔週連載は、無理ですわ。


3.  読者フィードバックが圧倒的に少ない

読者からの即時フィードバックがあるブログやソーシャルメディアに慣れてしまうと、新聞のような紙媒体は目をつぶって書いているような気分になる。まったく反応が分からないのだ(朝日新聞デジタルにも掲載されているが、Twitterでほとんどつぶやいてもらったことがない)。少し時間が経ってから、読者モニターの結果をやんわりと担当の方が伝えてくれるくらい。これは非常にやりにくい。ネット時代のリアルタイムフィードバックが書きものの質向上に貢献しているに違いない。毎週連載の漫画では読者のハガキがその役割を果たしていたそうだが。

一方、リアルタイム「いいね!」に慣れ親しんで育った子どもたちが将来社会人になってしまった際には、上司に向かって「いいね?いいね?」的なフィードバックばかりを期待するようになってしまう気がして、ちょっと心配でもあったり。


4.  ウィットの効いたイラストがあると、理解の促進が100倍

今回ご一緒させて頂いたイラストレータの深川直美さん、天才。ド天才。結局一度もお会いしなかったのですが、書きかけの原稿を見て、本質を付きつつ、クスッと笑えるイラストを毎回描きあげてくれました。特に、「金融緩和による景気回復」について書いたイラストは秀逸すぎて涙が出そうだった。いつか、一緒にお金の本を作りたい方です。あ、連載終わったので、打ち上げに誘ってみようっと。


5.  親しい人とは一緒に仕事をしない方がいい場合もある

担当してくれた記者の方は以前から何度も取材して頂いたり、気心しれた間柄だったので、連載をはじめるにあたってはとても楽しみにしていた。しかし、実際にはじめてみると、日常の忙しさにかまけ(日中は10数件用件が入っており、毎晩会食の予定が入っており、週に数回朝会まで平気で組んでいる)、平気で〆切を破り続ける私にしびれを切らし、一回本気で怒られた(大人になって本気で怒られる機会はないので、まるで校長先生に呼び出される小学生の気分だった)。日ごろはビジネス書執筆や月刊誌の連載などで「センセイにお原稿をもらいにくる編集者」のようにふるまってくれる心やさしい皆さんに甘やかされていたので、「ライターに原稿を急かすプロ記者」の厳しい取り立てには音をあげそうになった。

きっと、こいつとは二度と仕事をしたくないと思われているに違いない。ほんと、すみません。友達無くすから、本当に親しい記者や編集者の方とは、連載を受けないようにした方がいいかも知れない。

いずれにせよ、1年間の連載を通じて、ライフネット生命のことがより多くの人々に知れ渡ったPR効果が合ったことを期待したい。以上、雑感でした。担当の方の目に触れないことを、祈りつつ。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。