記事

メディアが報じない内閣府の南海トラフ巨大地震の非科学的想定〜原発事故リスクは一切想定しない中央防災会議作業部会

1/2

内閣府の中央防災会議作業部会が南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)をまとめました。

経済的被害は最悪の場合、約220兆円に上るという数字を受けて、各紙の社説は一斉にこの「南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)」を取り上げています。

【朝日社説】南海トラフ巨大地震―まず、3日間をしのぐ

【朝日社説】南海トラフ巨大地震―使える事業継続計画を

http://www.asahi.com/paper/editorial20130319.html

【読売社説】南海トラフ地震 最大級の危機にどう備えるか

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130318-OYT1T01376.htm

【毎日社説】南海トラフ地震 最悪防ぐ減災策を急げ

http://mainichi.jp/opinion/news/20130321k0000m070113000c.html

【産経社説】南海トラフ地震 被害を最小にする対策を

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130319/dst13031903180003-n1.htm

【日経社説】想定にひるまず巨大地震の減災目標を

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO52976020Z10C13A3EA1000/


毎日社説は冒頭から「国家予算の2倍を超え」る甚大な被害が想定されているが、「最悪の数字におののいたり悲観的になったり」してはいけないと警告を発します。

最悪の数字におののいたり悲観的になったりすることなく、官民が協力して減災のための対策を着実に重ねていくべきだろう。

国の中央防災会議の作業部会が、南海トラフ巨大地震に伴う経済被害の想定を公表した。最悪の場合、被害額は約220兆円に上る。住宅や工場などの直接的な被害と、生産の低下や物流が途切れることによる間接的な被害を合わせた額だ。

国家予算の2倍を超え、特に中・西日本の太平洋側の被害が甚大だと想定されている。


毎日社説は、巨大地震の発生頻度は「1000年に1度、あるいはそれよりもっと低い頻度」であり、「正しく恐れ、油断することなく減災に取り組む」、こうした意識を「国民が胸に刻むことが、数字から得るべき最大の教訓ではないか」と論を進めています。

ただし、巨大地震の発生頻度は「1000年に1度、あるいはそれよりもっと低い頻度」である。さらに、建物の耐震化率を高めるなど適切な防災対策が取られれば、経済的被害は半分に減らせるという。

昨年、やはり国の有識者会議が南海トラフ巨大地震による人的被害をまとめた際も、同じ指摘があった。

死者は最大32万人に上り、うち7割は津波によるものと想定された。だが、適切な避難によってこの数字は6万人余りにまで減らせるとの試算が示されたのだ。

正しく恐れ、油断することなく減災に取り組む。こうした意識を国、地方自治体、地域の自治組織、さらに国民が胸に刻むことが、数字から得るべき最大の教訓ではないか。


うむ、いたずらに不安を煽ったり逆に確率の低さから災害対策を怠り慢心することなく、まさに「正しく恐れ、油断することなく減災に取り組む」ことが求められていることでありましょう。

・・・

内閣府の中央防災会議防災対策推進検討会議の下、今回「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ」によって報告されたレポートは下記に公開されています。

南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)について

中央防災会議防災対策推進検討会議の下に平成24年4月に設置された「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ」(主査:河田惠昭関西大学教授、以下「対策検討WG」という。)において、南海トラフ巨大地震を対象として具体的な対策を進め、特に津波対策を中心として実行できる対策を速やかに強化していくことが重要との認識の下、当面取り組むべき対策等をとりまとめた中間報告が平成24年7月19日に策定された。

 た、並行して被害想定手法等について検討が進められ、被害想定の第一次報告として、建物被害・人的被害等の推計結果が平成24年8月29日にとりまとめられた。

今回、被害想定の第二次報告として、施設等の被害及び経済的な被害がとりまとめられた。

報道発表資料一式(平成25年3月18日発表)

南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)のポイント ~施設等の被害及び経済的な被害~(PDF:307KB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_kisha.pdf

資料1南海トラフ巨大地震の被害想定について(第二次報告) ~被害想定(第二次報告)の趣旨等について~(PDF:170KB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_shiryo1.pdf

資料2-1南海トラフ巨大地震の被害想定について(第二次報告) ~施設等の被害 【被害の様相】~(PDF:2.1MB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_shiryo2_1.pdf

資料2-2南海トラフ巨大地震の被害想定について(第二次報告) ~施設等の被害 【定量的な被害量】~(PDF:5.9MB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_shiryo2_2.pdf

資料2-3南海トラフ巨大地震の被害想定について(第二次報告) ~施設等の被害 【定量的な被害量(都府県別の被害)】~(PDF:3.4MB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_shiryo2_3.pdf

資料3南海トラフ巨大地震の被害想定について(第二次報告) ~経済的な被害~(PDF:703KB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_shiryo3.pdf

資料4被害想定項目及び手法の概要(PDF:2.9MB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_shiryo4.pdf

南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告) 追加資料

1. 大臣記者会見資料(PDF:154KB)

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info/20130318_minister.pdf

http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info.html


昨年の(第一次報告)は主に人的被害が中心にシミュレートされていましたが、今回は経済的被害が中心に被害想定算出がなされています。

あわせて読みたい

「地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。