記事

いい弁護士の探し方

いい弁護士には,2つの意味があります。

主観的にいい弁護士=自分にとって都合のよいことを言う弁護士
客観的にいい弁護士=自分にとってベターないしベストな解決をプロデュースする弁護士
です。

主観的にいい弁護士を探すには,たくさんの弁護士に相談して,自分にとって一番都合のよい回答をしてくれる弁護士が出てくるまで待てばいいです。
しかし,この場合,無能弁護士または金儲け至上主義弁護士の食い物にされ,少なくない財産を失うことを覚悟する必要があります。

本稿で言いたいのは,客観的にいい弁護士を探す方法です。
(「良薬は口に苦し」的弁護士も含む)
特に私は,消費者側の弁護士なので,消費者側の立場に立って本稿を書きます。
念のため,申し上げておくと,ここで書いていることは,いい弁護士が見つかる確率が比較的いいと私が思っている方法であり,100%いい弁護士が見つかる方法ではありませんので,その旨ご了承ください。

客観的にいい弁護士とは,
①人柄がよく(主として職業倫理が高いこと)
②有能で
③当該事件の処理に精通している
弁護士です。

しかし,①~③は一般消費者にはなかなか見極めが難しいです。

まず,いい弁護士を見極めるためには,
弁護士の習性ないし傾向をよく知っておくべきです。

ほとんどの弁護士にも言えることですが,弁護士は,なるべく楽して,着手金・報酬がたくさんもらえる事件が好きです。
なので,楽でおいしい事件にはがっつく傾向にあります。
楽でおいしい事件とは,過払事件,死亡事故・高度の後遺障害の交通事故,資産家の相続,資産家・高所得者の離婚,賃料滞納の建物・土地の明渡などです。
がっつくということは,受任に向かうよう相談者を煽る傾向にあります。
煽るパターンとしては,弁護士をつけないリスクを必要以上に煽る場合と(やらないと損する),弁護士をつけることによるメリットを必要以上に煽る場合(やれば得する)です。
こういう弁護士には注意が必要です。

これを見極めるには,何ら具体的根拠を示さずに,勝訴すると言ったり,勝訴の見込みが高いという弁護士かどうか,特に,弁護士を付けた上での敗訴リスク・回収不能リスクを具体的に説明しない弁護士かどうかです。
ただ,放っておくと,悪気なく説明を省くこともあるので,これらの点について相談する側から説明を求めるべきです。
時間制限がない状況でこれらの説明を求められて,きちんと説明できない,あからさまに不機嫌になる,弁護士は煽り弁護士の可能性が高いです。

弁護士の使命は,なるべく迅速に,なるべく妥当な結論で,なるべく依頼者に実質的に有利に,紛争を解決することだと私は思っています。
そういう視点を無視して,煽って紛争を拡大させる弁護士はいい弁護士だとはいえないと思います。

人格のいい弁護士の傾向ですが,自分が勝てないと思っている事件は断る,相談者・依頼者から「嘘をつけ」と言われても,「それなら受任しません」と言います。

弁護士選びで失敗しないには,事務所が大きいことを過度に信頼しすぎないこと,各種メディアで宣伝をしていることを信頼しすぎないこと,処理件数が多いことを過度に信頼しすぎないことです。

まず,宣伝を多くしているのは,弁護士の人格と有能性とはまったくの無関係です。
事務所が大きく,処理件数が多いのは,弁護士の有能さの一つの指針にはなりえますが,必ずしも,有能な弁護士が,大きな事務所を形成したり,処理件数が多いとは限りません。
中身のないが宣伝費を掛けまくっている営利的な弁護士も,事務所が大きく,処理件数も多い傾向にもあります。
逆に,弁護士1名の事務所,積極的に宣伝をしていない弁護士,処理件数が少ない弁護士でも,有能な弁護士はたくさんいます。

やはり,実際に弁護士に会って,話を聞いて,信頼できるか有能かを判断する姿勢が必要です。
自分の判断に自信がなければ,セカンドオピニオン・サードオピニオンを惜しんではいけません。

当該事件の精通度合を見るのは,素人にはなかなか難しいです。
やはり,面談時の具体的な説明,他の専門弁護士の協力体制,処理件数・処理結果などが重要な判断材料になります。

また,セカンドオピニオン・サードオピニオンなどしてもいいかもしれませんね。
だれでもできる分野の場合には,弁護士の多数意見が見込みとしては正しい傾向にあります。
ただ,専門性が特に高い分野(医療,行政,建築,知的財産,投資被害,消費者被害など)は,良くやっている弁護士と,あまりやっていない弁護士ではいうことが異なる場合があります。
(専門性が高い分野は,重点的にやっている弁護士に頼むのが確率がいいですが,超一流の弁護士は,自分の専門外でも結果を出す可能性が高いです。応用力が高く,研究熱心で,そのために手を一切抜かない弁護士です。ただ,こういう弁護士に出会える可能性はなかなかないですね。)

あと,いい弁護士を探す一番確率の高い方法は,弁護士に紹介してもらうことです。
業界のことは業界人に聞くのが一番確率が高いわけです。
ただ,弁護士は自分が信頼していない人に,安易に他の弁護士を紹介することはしません。
なぜなら,紹介する相談者が,紹介した弁護士に迷惑をかける可能性があるからです。
いい弁護士を探す方法で確率が高く,かつ,楽な方法は,信頼できて仲のよい弁護士を作ることですね。

人柄がよく人を見る目がある弁護士を友達にするか(これはなかなか難しい),顧問弁護士にすることが手っ取り早いでしょうね。

ちなみに,当事務所の顧問契約の説明は⇒当事務所の新しい形態での弁護士顧問契約
当事務所宣伝になって恐縮ではありますが(笑),当事務所はかなりリーズナブルな顧問契約を提供しているつもりです。

ちょっと話は変わりますが,私は投資被害(先物・証券)を重点的にやっており,得意分野と自負していますが,専門性の高い分野を極めようとすると,多くの普通の弁護士ではできないノウハウを身についていきます。
そうすると,他の専門性の高い分野に対して,自分の得意分野同様の力を出せる自信がないので,安易に受任することができなくなりました。
私個人は,医療事件,建築事件,知的財産権事件,行政事件は,一人でやる自信がないので,もし来たら他の弁護士に紹介するか,他の弁護士と共同してやるでしょうね。
ちなみに,うちのイソ弁さんには,医療事件を専門的にやってもらえればなあと思っています(ただし,医者側ですが。そういえば前いた事務所も病院側だったなあ)。
うちの事務所に医療過誤の患者側で相談に来られた場合には,神戸医療問題研究会を案内するでしょうね。
顧問契約をされている方の場合は,私が信頼している弁護士をご紹介することになるでしょうね。

あわせて読みたい

「弁護士」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    神奈川県で過去最多1686人の感染確認 6日連続1000人超

    ABEMA TIMES

    08月02日 20:24

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。