記事

フリーランス生活3年目。良かったこと、悪かったこと、やりたいこと

2011年の4月にフリーランスになり、早くも2年が経とうとしています。ちょっとだけ早いですが、時間が取れたので振り返ってみました。

良かったこと

良かったことはこんな感じ。

  • 時間と場所から解放された。満員電車と無縁な生活。今は育児しながら仕事してます。
  • 好きなこと(文章執筆)を仕事にすることができた。

  • 仕事が苦ではなくなった(労働時間はむしろ伸びました)。

  • 仕事の幅が広がった。

  • 人脈が広がった。2012年は単発の講演を含めると、50社近い方々とお仕事をしました。

  • 年収が増えた(前職時代は年俸300万円+ボーナス、独立してからは年間売上600万円程度。比較はむずかしいですが、肌感的に年収1.5倍くらいになった気分。家賃を経費にできるのが地味に大きい)

  • 生存能力が高まった(気がする)。「もし文筆で食えなくなったら、うちに来なよ」と言ってくれる会社が複数あります。

  • サラリーマン根性を捨てることができた。フリーランスはハードモードなので、人生に対する本気度がアップ。サラリーマン時代は飼い殺しにされていました。

  • 金銭感覚が厳しくなった。わかりやすくいえば、ケチになりました。

  • 健康管理に厳しくなった。身体壊したら終わりなので。

  • 自分の意見を発信する際に、ためらうことがなくなった。会社員時代は立場もあり、発信できない意見が多かった。

総じてぼくの場合は、独立して幸せになりました。もっと早く辞めておけばよかった、とすら思っています。

悪かったこと

    デメリット的なところはこんな感じ。

  • 来月の収入がわからない不安感に押しつぶされそうになる(未だに…)。

  • 休んだら休んだ分だけ収入が下がる。

  • 仕事量が増えた(奥さんから「あなたは一体、いつが休日なの?」と文句を言われます…苦笑)。

  • チームでがっつり仕事をすることがないので、時々孤独感を抱いてしまう。

  • セーフティネットがない!

なんてところですね。特にセーフティネットの問題はビビりました。マジで身体壊したら終わりです。自分の代わりに動いてくれる人もいませんしね…。サラリーマン時代は守られていたんですねぇ。

やりたいこと

やりたいことはこんな感じ。

  • 「ihayato.書店」の事業を拡大するために、アシスタントを雇いたい。

  • 売上を安定的にする。ブログだけでコンスタントに40万円稼げるようになるのを目標。

  • 仕事量を減らす。まぁたぶん無理ですが…。

  • 身体を壊さない。

  • 早寝早起き。

  • 基本は在宅勤務にし、都心に出る日を減らす。現在は週3ペースなので、今年は週1〜2ペースに。

  • フリーランスという生き方を世の中に広めたい。

とりあえず、ブログメディア事業をサステナブルにするのが目標です。まだまだ不安定で、先行きが読めないので…。

また、フリーランスという生き方を普及・啓蒙する活動にも力を入れていきます。

特に大学生向けに講演・ワークショップなどをやっていきたいと考えています。就活する際に「フリーランス」という選択肢を知っておくだけで、先行きが変わることもあるでしょうし。ぼくはこういう生き方があることを、大学時代に知っておきたかったです。交通費のみでお話に伺うので、お気軽にご連絡ください。

関連本。タイトル通り、かなり具体的です。フリーランスとして独立する際にも役立つ情報・考え方がたっぷり収録されています。

リンク先を見る
そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか
posted with ヨメレバ
山口揚平 アスキー・メディアワークス 2013-01-30
Amazon Kindle 楽天ブックス

あわせて読みたい

「フリーランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

  10. 10

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。