記事

「NY株はバブル」の驚嘆根拠

日経のネットを読んでいたら、NYダウの最高値更新はバブルだとの記事があった。記者が書いているものではなく経済ジャーナリストとかの肩書きだった。変な記事である。

http://www.nikkei.com/money/investment/stock.aspx?g=DGXNMSFK1200E_12032013000000&df=1に記事がある。

それによると、バブルの根拠は2つあるらしい。1つは、アメリカの実質GDPが1991年から今まで70%しか増えていないのに、株価が5.8倍になったことだそうだ。もう1つは、PER(時価総額÷当期純利益)の水準は高くないものの、その背景に自己株式の取得があり、株価を安く見せているということだそうだ。

株価がバブルとの、この2つの論理は不適切である。

最初のGDPとの比較だが、名目GDPと比較すべきである。株価は名目値であるのだから。それなのに何故、実質GDPと比較しているのか。

また、1991年という比較時点の株価が適切な位置にあったことも確認しておかないといけない。その時点の株価が割安だったのなら、名目GDP成長率を株価の上昇率が上回ることは十分にありえる。逆に割高だったのなら、計算上、株価の成長率が小さくなることもありえて、「まだまだ株価は上がる」との評価になりかねない。

自己株式の買い入れが株価を割高に見せているとの論理からは、株価とは何なのかを理解していないことが透けて見える。株価は、正確にはそれに発行済み株式数を掛けた時価総額とは、今ある株式全体がいくらの価値なのかを表現している。過去に取得された自己株式という、いわば「死んだ子」の年は数えていない。

もう少し説明すると、自己株式を取得するため、企業は手元にある資金を流出させている。この分だけ企業の財産は減っている。株式時価総額とは、企業が今ある財産を用いてどれだけの価値を将来生み出せるのかという評価である。自己株式の取得の歴史は忘れていい。

PERから評価して「バブルの証拠は見当たらない」(バーナンキ)のなら、現在の株価はバブルとは言えない。もっとも、PERが上昇しつつあることからすると、投資家の気分が少し楽観の方に振れており、どこかで揺り戻しの可能性があるかとは思うが。

あわせて読みたい

「株価」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  3. 3

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  6. 6

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    強豪スペインと渡り合ったサッカー日本代表 最後まで希望を失わない全員攻撃に感動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    08月04日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。