記事

グーグルが仏ネット新聞に60億円――著作権料支払いに合意 - 飛田正夫

 ネット新聞の読者が検索エンジンを使って記事を読む場合、グーグルは何の努力もなしに広告を掲載し、利益を得ているとメディア側から批判されてきた。

 そんな中、米インターネット検索エンジンのグーグル社のシュミット会長は二月一日、エリゼー仏大統領官邸を訪問。オランド大統領立会いの下、「政治一般紙協会」(IPJ)会長で左派系週刊誌ヌーベル・オブセルバトワール会長のコラン氏と、仏ネット新聞社への補償金として約六〇億円の資金提供に合意・署名した。同氏は「グーグルと戦争するよりも良い解決ができた」と満足している。

 ネット新聞の独立を目指す組合スピール(SPIIL)によると、グーグルのフランスでの売り上げは約一兆二〇〇〇億円だが、税金は約五億円しか払っていない。「今回の合意で得をしたのはグーグルではないか」「ネット新聞が支配され独立性が脅かされる」「編集者はますますグーグルに依存してゆく」と同組合の「スラート.fr」創立者の一人は心配している。

 一四日、筆者がSPIILのメンバーの「メディア・パー」に問い合わせたところ、「グーグルの資金形態がまだ不明確なために資金提供(著作権料)の受け入れについては返答できない」と言ってきた。グーグルとの合意は記事の著作権料だとされる。グーグルの代表者と編集者や独立した有識者など七人で諮問委員会を設置して資金の配分などを決めてゆく模様だ。

「ルポルター・サン・フロンチェー(RSF、国境なき記者団)」の欧州担当責任者ヨワンヌ・ビアー氏は、筆者に対し「グーグルの資金提供は仏メディアの独立性を脅かすものではない。すでに仏政府がメディアを支援してきた同じシステムでなされるからだ」と回答。

 グーグルがその著作権料を払うのは世界でもフランスが初めて。今後は世界のネット・メディアでも同様な要求が高まるのは必然だ。

(飛田正夫・ジャーナリスト、2月22日号)

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  3. 3

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  4. 4

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  5. 5

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  6. 6

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  7. 7

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  8. 8

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  9. 9

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  10. 10

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。