記事

生産性が伸びない世界経済


世界経済が停滞している理由として生産性が向上しないことに原因があるとはこのブログではいつも書いていることだ。特にイギリスは全く生産性が伸びていない。そのせいかインフレが高止まりし実質賃金がドンドン目減りしているという非常によくない状態だ。勿論アメリカや日本でも生産性の向上はあまり進んでいない。

これはもちろん先進国経済以外でも起こっている。中国などでも潜在成長率の低下がささやかれている。エコノミスト誌からこのグラフを見てほしい。


リンク先を見る
Labour productivity より)

このグラフにあるように2008年以降の生産性の伸びは2003年から20007年に全く及ばない。それは先進国でも同様だ。

需要が足りないのが問題だとか金融緩和が足りないだとかそんなことばかりが日本だけでなくて世界中で議論されているが、もっと生産性を高めるために政策を行うべきだしそういった議論が行われるべきだと僕は思う。

あわせて読みたい

「世界経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。