記事

入院中のベッドの上で考えた【その2】、理想論と現実論、相反する問題解決に何が必要か?

3月7日に無事退院しました。みなさんには本当にご心配をおかけしました。お見舞いや励ましのお言葉、ありがとうございました。

さて、入院中、ベッドで大人しくしていると、普段は気にも留めていなかったことが気にかかったりする。たとえば新聞の記事だ。いま国会で侃々諤々の議論が繰り広げられている、TPPについての記事だ。僕はそれを読んで、いくばくかの違和感を覚えた。TPPに反対する理由として、「震災後、循環型地域社会を目指す日本にとって」というようなことが書かれていたのだ。

「循環型地域社会を目指す」といえば、たしかに響きはよい。だが、その言葉は何を意味するのか。いうまでもなく、地域内で食糧もエネルギーも自給自足していく、ということである。だが、そんなことは果たして可能なのか。そもそも、そんな社会を目指したら日本は貧しくなるだろう。もちろん、それぞれの地域が自分の地域の農産物などを大切にすることに、僕は大賛成だ。けれど、それは地域社会という狭い範囲の考え方である。

この記事はひとつの例にすぎない。このように口当たりのよい言葉が、あらゆるところに見受けられる。耳にやさしい、一見、受け容れやすそうな発言をする論者が、いまだに多くいるようだ。現実をしっかりと見ていれば、こんな発言はできないはずだと僕は思う。

現実は甘くない。だから、現実を見すえた議論からは、口当たりのよい言葉で言い表せるような結論が生まれるはずがない。気迫に満ちた議論の過程では、人心を惑わす優しげな言葉は、ふり落とされるものだ。

徹底した議論こそが、現実に即した、堅実な答えを導き出すことができる。僕はこれからも厳しく議論を重ねていきたい。そうして初めて、現実の厳しさに向き合える答えを出していけると思うからだ。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  8. 8

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  9. 9

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  10. 10

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。