記事

【赤木智弘の眼光紙背】皆勤賞を喜ぶ人たちの裏に

赤木智弘の眼光紙背:第262回
 福岡県の高校で、生徒たちを相互監視のもとに、お互いに圧力をかけさせるという管理監視行為を行なっていたクラスが、校長先生から立派だとして表彰されたそうだ。(*1)

 ニュースの文面としては「クラス全員で1年間の皆勤を達成したクラスに特別皆勤賞を送った」という事ではあるが、その実態としては生徒に対する圧力が恒常化していたということにしか、僕には思えない。

 そもそも皆勤賞の何が立派なものか。怪我や風邪をおして登校しても、完治を長引かせたり、風邪を他人にうつす可能性が高いだけで、ロクなことはないではないか。

 中には風邪で学校を休んでも、皆勤賞のために「インフルエンザということにしてください」(インフルエンザであれば公欠扱いになり、皆勤賞がパーにならないという制度らしい)と病院に訴える人まで居るそうだ。ここまで来ると不正の範疇であり、学校教育としてどうなのかと疑問も浮かんでくる。

 こうしたニュースは、毎年この時期になると流れてくる。そのうちの1つを紹介しよう。札幌市の高校でクラス全員の皆勤賞が直前だというニュースである。(*2)

 記事の論調も、今回の福岡の高校と同じように、さも1年間生徒たちが協力して頑張ったかのように書かれている。しかし、実態はそんなに単純では無かったようだ。

 新聞の記事にはそんなことは書かれていないが、学校のサイトに掲載されていた当時の学級だより(*3)には、生々しい現実が描かれている。学級だよりには記事にも取り上げられていた「クラスが楽しいから来たんだよ」のエピソードも書かれている。しかしもう一つ、体調が悪く部活の大会前の生徒をむりやり登校させた顛末が掲載されている。

 一人の生徒が学校を休むことに、生徒は心配をするのではなく「怒りマーク100%」という反応を見せたのだという。そして「休むなよ!」と、恫喝の電話を何人もの生徒がかけていたのだという。

 「この日をきっかけに3年5組は一つになった」などと書かれているが、その実態は生徒にクラス全員で皆勤賞という同調圧力が公然とかけられるようになったということに過ぎないのではないか。

 福岡の高校のニュースにも「高熱やけがで欠席しそうになった生徒もいたが励まし合い」という文面があるが、実際に行われたのは同調圧力による恫喝や脅迫では無かったのだろうか?

 確かに、こうしてみんなで皆勤賞というのは、一部の生徒にとっては一生の思い出になるだろう。しかしその一方で、皆勤賞という同調圧力に苦しめられている生徒もいたはずである。

 また、「クラス全員皆勤賞」という御旗の下で、担任教師はそこで行われている過酷な現実から、目を逸らしてはいなかっただろうか?

 生徒に責任を持つのであれば、休むと言っている人間をむりやり出席させた事実が明確である時点で、全員皆勤賞の中止を考える必要があったのではないか?

 新聞などではこうしたニュースは、さも美談であるかのように、無批判で報じられているが、本当にそれが社会の木鐸たる新聞の役割なのだろうか?

*1:男の結束…全員で1年間皆勤達成した高3クラス(読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130228-OYT1T01579.htm *2:成なるか、クラス全員年間無欠席 東海大四高3年5組(朝日新聞)http://www.asahi.com/edu/news/chiiki/HOK201202260001.html *3:3年5組出席率100%達成目前(東海大四高校 ウェブ魚拓に保存されているもの) http://megalodon.jp/2012-0226-2340-08/www.tokai.ed.jp/daiyon/kaze/2011/11kaze046.jpg

プロフィール
赤木智弘赤木智弘(あかぎ・ともひろ)
1975年生まれ。自身のウェブサイト「深夜のシマネコ」や週刊誌等で、フリーター・ニート政策を始めとする社会問題に関して積極的な発言を行っている。著書に「若者を見殺しにする国 (朝日文庫)」など。

@T_akagi - Twitter



あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  5. 5

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  6. 6

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。