記事

ダメな会社の5つの法則 - こんな会社に投資はするな

投資家としてこれまで数え切れない程の企業を訪問してきたが、「この会社は伸びないだろうな...」という、ある種の分かりやすいサインというものがある。今回は、そんな中でも的中率の高い5つの法則を紹介する。

なお、米国の上場企業でこれに該当する会社に会ったことは一度もない。あなたの会社は大丈夫だろうか?。もし2つ以上該当したら、会社の将来性を見つめ直した方がよい。3つ以上の場合は転職をオススメする。


1) 本業とまったく関係のない事業を持っている

印刷用インクの製造会社がスポーツクラブやゴルフ場を経営していたり、システムエンジニアリングの会社がファーストフードのフランチャイズを展開しているようなケース。

経営者は株主の資金で会社を運営していることを完全に忘れている。当然、収益性を高めるとか、資本効率を良くするとかいったことは考えてもいない。


2) 中期経営計画に数値目標が示されていない

未だにこの手の会社が多いが、投資家に約束する将来の目標に、定量的な数値が示されていない場合がある。なんとな~く上がって行くということで棒グラフが伸びているが、先のほうが薄くスケルトンになっていたりする。

このことを突っ込むと、「社内では明確な数値目標が設定されている」という言い訳が返ってくるが、これは株主や投資家を怒らせるだけだ。経営陣の保身が見え見えである。 3) 自社ビルを建設する

自社ビルを建てる経済合理性は全くない。事業環境は刻一刻と変化するのに、本社が高コストの自社ビルでは経営センスがない。

京浜急行に乗らないと行けない場所に本社を建設した品川のEC会社があるが、オーナーの傲慢がまかり通っている証拠だ。同じくテレビ局や球団を欲しがり始めたら黄色信号。


4) 本社の受け付け嬢がやたらと美人

受け付け嬢が3人以上いて、しかも美人であったら危ない。通常の人選を行なったり、派遣会社に依頼した場合、偶然に3人が美人である可能性はかなり低い。

ワンマン社長によるスケベ心であったり、人を公平に評価出来ない、風通しの悪い会社である可能性が高い。


5) 社長が業界紙以外のメディアに出始める

社長がGQに出たり、フェラーリの前でポーズを決めている写真が雑誌に出たらアウト。人生上がりだと思っている証拠だ。

その直後から、会社のガバナンスが悪くなったり、競合他社にシェアを奪われ、面白いように会社が傾き始める。ベストジーニストの授賞も同義。


番外編

社長室の隠し扉の先にベットルームがある。(某英会話教室→先日別件で懲役刑が確定)

社長が詐欺容疑で逮捕。(某店舗流通ネット。神戸証券主幹事、名証セントレックス上場の名に恥じない会社)

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。