記事

なぜ銀行の表記は西暦ではなく元号なのか?

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

複数の国内の金融機関から借り入れをしており、返済予定表が定期的に送られてきます。

不動産担保融資の場合、通常借り入れ期間が10年以上の長期になりますが、不思議なのは返済スケジュールの表記が西暦ではなく元号になっていることです。

調べてみると、借入している金融機関の中で西暦表記のところは1つしかなく、残りはすべて元号による和暦になっていました。

写真は、平成26年に購入したワンルームマンションの融資資金の返済予定表ですが、最終返済が平成41年の9月となっています。こちらの借入は固定金利ですから、繰り上げ返済しなければこの返済スケジュールは変わりません。

返済予定表が和暦表記になっていると、返済予定表を見てもどこまで返済が終わったのか直感的にわかりにくく混乱します。

平成41年というのは、西暦何年なのでしょうか?

元号を西暦に読み替える変換表を使えばわかりますが、毎回頭の中で考えるのは避けたいものです。さらに、令和になってからの借入の返済予定表は、令和表記になっていますから、こちらも西暦に変換しなければなりません。

和暦に加え、日本には年と年度という2つの仕切りがあります。

例えば、平成30年と平成30年度と言われて、西暦でいつからいつまでか瞬時にわかる人はなかなかいないと思います。

ほとんどの金融機関がいまだに西暦ではなく元号を使って通帳や返済予定表の表記を行っているのは何故なのでしょうか。元号の方が分かりやすいと思う人は、おそらく誰もいないと思います。

私は、元号廃止論者ではありません。日本の大切な伝統の1つだと思っています。

しかし、経済取引の実務においては、非効率でエラーを起こしやすい表記方法です。

どうしても元号で表記したいのであれば、せめて西暦を併記してほしいものです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2022年1月14日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「デルタ株とは違う」医療現場から嘆き 社会制限だけでなく適切な医療体制の構築急げ

    石戸 諭

    01月21日 14:30

  2. 2

    若者よ!やっぱり「FIRE」はやめなさい!

    内藤忍

    01月21日 12:24

  3. 3

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  4. 4

    中国製EV導入で高まる日本人の生活丸裸の懸念 - 山崎文明 (情報安全保障研究所首席研究員)

    WEDGE Infinity

    01月21日 13:06

  5. 5

    「数百円なのにおいしくて清潔」そんな食事が気楽にとれる先進国は日本だけという事実

    PRESIDENT Online

    01月21日 11:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。