記事

Netflixはいかにして、優れたデザインとUXをもって没入感のある体験を生み出しているのか?

1/2

あらゆるデバイスで多くの映画や動画を視聴できる動画配信サービスは、安価で便利であり、多くのユーザーの支持を集めていると思います。その中でもNetflixはトップに位置づけられるサービスでしょう。彼らがどのようにしてユーザーを魅了しているか、デザインとUXの観点から考察したCXLの記事をご紹介します。

Netflixは、Blockbusterの対抗馬として、ビデオレンタルサービスを1997年に開始した。現在、このストリーミングサービスは、カナダ、アメリカ、日本の総人口ほどのユーザーを世界中に持っている。

Netflixは、世界中のあらゆるストリーミングサービスの中でも最も人気のあるプラットフォームであり、ユーザーは毎月、毎年、その契約を更新し続けている。継続率については、後ほど説明しよう。

では、Netflixのような巨大企業は、いかにして、競合性の高い業界で魅力的な体験を作り出しているのだろうか?この記事では、Netflixのデザインとユーザー体験の要素を探っていきたい。

なぜ、Netflixのユーザージャーニーは効果的に新規ユーザーを獲得し続けるのか?

クレジットカードの情報を入力してから驚きを与える他のプラットフォームとは異なり、Netflixはトップページからユーザーを惹きつけている。最小限のデザインとコピーにとどめており、たった一つのゴールである「サインアップ」を目指している。

ソース:Netflix

トップページは階層構造が簡潔であり、複雑さとは無縁である。そのため、「開始するためにはEメールアドレスを入力する」というたった一つのわかりやすいコール・トゥ・アクションと訪問者との摩擦を軽減しているのだ。

また、この企業のユニークセリング・プロポジションが最大のベネフィットを明確に説明している。さらに、「映画やTV番組、アニメが見放題。映画やドラマをもっと自由に。いつでもキャンセルOK。」という、代表的なよくある質問の2つを先んじて表示している。

目的が明らかであり、要求もわかりやすく、それに必要な作業もシンプルである。

USPとUIが一体となり、コンバージョンに最適化されたバリュー・プロポジションを作り上げている。彼らが提供するものを非常に具体的に説明しており、「見放題」という表現を裏付ける関連画像を背景とし、バリュー・プロポジションを後押しする「いつでもキャンセルOK」という要素も備えている。

スクロールすれば、下記のような、さらに価値を提供する要素が表示される。

  • ゲーム機やTV機器など、Netflixが対応している多くのプラットフォームについての説明
  • ストリーミングコンテンツをオフラインで視聴するためのダウンロード方法や、すべてのデバイスで映画を無制限にストリーミングできる機能の説明
  • 子供向けのプログラムの用意
  • 2つ目の入力フォームのすぐ上に設置されたよくある質問のセクション

ここでは、Netflixはその柔軟性を強調している。彼らのホームページは攻撃的なほど長いわけではない。提供サービス、機能、メリット、よくある質問などの情報を最小限の量で提供することで、障害とユーザーが持つためらいを取り除いている。

ここから、ユーザーはパーソナライズされたジャーニーを開始する。Netflixは、ステップの数がたったの3つであることを強調し、目の前のタスクを完了するためのモチベーションを高めている。

ソース:Netflix

期待値理論とは、タスクを完了できる期待値が高く、主観的な価値も高ければ、より高いモチベーションでやり遂げることができるとする理論である。言い換えれば、モチベーション=期待値×価値、と表現することができる。いずれの要素の1つでも欠けてしまえば、モチベーションは簡単に崩壊してしまうのだ。

「ステップ1/3」というメッセージを中心に表示することで、タスクが短い時間で完了することを指し示しており、期待値を高めている。(Netflixの強力なバリュー・プロポジション、USP、ユーザー体験を考えると)この時点での価値はすでに高いはずだ。

2つ目の画面では、プランの選択を求められる。ここでも、直面している迷いに対し、回答を事前に提供している。つまり、「簡単登録、いつでもキャンセルできます。」と表示しているのだ。

ソース:Netflix

その後、プランを選択する。3つのルールに基づき、シンプルで魅力的なプランを提供しているのだ。

これにより、ユーザーは圧倒される感覚を持つことなく、いつでも退会できる機会も提供している。また、ユーザーがなぜサインアップのボタンをクリックしたのかを思い出させるために、コアベネフィットを再度表示している(これは、主観的価値を高く維持するために効果的である)。

ユーザーがアカウントを作成すると、Netflixはお気に入りの映画やTV番組をいくつか選ぶように促す。このデータはNetflixのアルゴリズムへのインプットとして、パーソナライズされたレコメンデーションを「ジャンプスタート」させるために使用される(アルゴリズムを元に行われれるパーソナライズについては後述する)。

サインアップ後にユーザーが最初に見るものは、オンボーディングの最中に選択した設定と似た、Netflixのオリジナルの作品の予告版の自動再生である。

ソース:Netflix

主要なコール・トゥ・アクションは「再生」ボタンを押すことであり、すぐにこのプラットフォームと関わることができる。「フラストレーションのない」パッケージと同様に、目立つように設計された再生ボタンは、ユーザーのエンゲージメントを高め、ユーザーをこのプラットフォームにより長く留めておくことに効果を発揮する。

視聴を開始すると、Netflixのアルゴリズムは関連する新しいメディアをトップページに継続的に表示するようになるため、ユーザーの当初の好みがより拡大していく。

Netflixにおけるあらゆるストリーミングのオプションは、コンテンツに対する評価をユーザーが行えるため、アルゴリズムへ自分の好みをさらに指示することができる。

ソース:Netflix

例えば、「タイガーキング」に対して高評価を与えた場合、Netflixはより多くのドキュメンタリー番組を表示するようになるだろう。

アルゴリズムは、下記のような多くの指標をベースに、「視聴の可能性」を推測している。

  • 視聴履歴
  • ジャンルやカテゴリー
  • 視聴する時間帯
  • 視聴時間
  • 視聴するデバイス
  • 類似コンテンツの評価履歴
  • 好みが類似しているNetflixの他のユーザー

Netflixのアルゴリズムは、特定のユーザーシグナルによって再学習され、レコメンデーションの精度を改善し、パーソナライズされた視聴体験を約束するのだ。

Netflixにおけるユーザー体験のレッスン1

  • ユーザーインターフェースをシンプルにする。CTAを目立たせ、わかりやすくし、関連する画像の隣に最も重要な利点を表示させる。
  • サインアップに必要なプロセスの数を明示し、期待値とモチベーションを高める。ユーザーテストを実施し、コンバージョンを妨げる障壁を最小とするユーザー体験を提供する。
  • 最終的なコール・トゥ・アクションの前にFAQのセクションでよくある質問を表示させ、障壁を取り除く。
  • 可能な限り、パーソナライズを強調する。Netflixはユーザーの期待に合わせた体験を提供することに苦心している。

Netflixのようなインテリジェントなアルゴリズムを使用していないプラットフォームであっても、ユーザーの好みを実装する方法は存在する。当初から、Netflixはユーザーに対し、彼らの好みを尋ねてきた。その返答に基づき、Netflixはトップページをカスタマイズしていたのである。

すべてのデバイスでシームレスなオンボーディングプロセス

Netflixのサインアッププロセスは、下記のような、多くのデジタルデバイスで完了することができる。

  • Android
  • パソコン
  • iPhone、iPad、iPod Touch
  • スマートTV、ストリーミングメディアプレイヤー

登録後、ユーザーはホーム画面に移動する。(効果的なUIデザインの一例と言える)シンプルなプラスのサインをクリックすれば、プロフィールを追加できる。

ここで、ユーザーはプロフィール名や子供の視聴制限を設定することができる。さらに、家族や友人のために、世界中のどこでも視聴することができる、最大4つまでのプロフィールを追加することが可能だ。

ソース:Wired

オンボーディングプロセスを完了させるために、下記のようなストリーミングの種類を、ユーザーはカスタマイズすることができる。

  • プロフィールのロック
  • 年齢制限
  • 再生の設定
  • アクティビティログの表示
  • 字幕の表示
  • 言語の設定
  • 特定の視聴制限
  • TV番組や映画のパーソナライズされた提案

Netflixのカスタマイズ機能は、競合他社のそれと比較し、優れているというわけではない。Netflixの差別化に役立っている要素は、設定のパネルに隠すのではなく、オンボーディングのプロセスで機能させていることだ。

こうすることで、ユーザーは初めから自分好みの体験を作り上げているように感じるのだ(その結果、主観的価値を高水準で維持することが可能となっている)。

Netflixにおけるユーザー体験のレッスン2

  • シンプルであることの重要性の再確認。オンボーディングやログイン画面はシンプルにすべきだ。最も重要なボタンやコピー文のみを表示する。また、可能な限り、テキストを広く理解されている記号に置き換える。
  • ユーザーが自身の体験をカスタマイズできるようにする。言語や通知の設定など、すでにこれを実現できる環境を備えているかもしれない。
  • これをユーザーにしっかりと知らせる。もしくは、オンボーディングの段階で環境設定を説明する。

残りのユーザージャーニーと同様、最初はシンプルで、簡易であり、顧客目線に立ったものとする。ユーザーがプラットフォームに入れば、Netflixのオリジナルコンテンツから始まる、複数の選択が提示される。

オリジナルの作品を強調する

アバブ・ザ・フォールドには、最新トレンドのコンテンツとNetflixのオリジナル作品が掲載されている。オリジナル作品は、その価値を伝えるため、他のコンテンツよりも大きめに表示されている。

ソース:Netflix

近年、従来の有料TVとの契約を打ち切り、新しいプラットフォームと契約する家庭が急増している。ケーブルTVとの契約の打ち切りやストリーミングを好む傾向は、パンデミックにより拍車がかかり、今後も継続すると予測されている。

消費者がケーブルTVとの契約の打ち切りを選択するのは、ストリーミングという代替手段と比べ、価格が高いことが理由だ。2020年の上半期にスポーツの生中継がなくなったことも、減少の要因となっている。スポーツが戻ってきたとはいえ、従来のケーブルTVや衛星放送に戻ってくる人は少ないだろう。

エリック・ハグストーム eMarketer forecasting analys

こうした変化は「ストリーミング・オリジナル」への需要を増加させ、それは、Netflixが2012年以降、独占している領域である。ここ数年間で、Netflixは、わずか8時間から約3,000時間へと、オリジナルコンテンツを拡大させている。

ニールセンの調査によれば、2020年の米国のストリーミングサービスのオリジナルコンテンツにおいて、人気のあるコンテンツのTOP10のうち、9つがNetflixが作成したコンテンツであるとのことだ。

あわせて読みたい

「Netflix」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。