記事

被害者の実名報道を重視する旧来メディア。加害者の実名報道するのは週刊誌ぐらい

吉祥寺の路上で何の罪もない女性を殺した、18歳の「少年」と17歳のルーマニア人の顔写真および実名を、7日発売の「週刊新潮」(新潮社)が掲載した。

旧来メディアはアルジェリアテロの際、被害者遺族の心情を踏みにじってまで、被害者のプライバシーをさらけだすことを、社会的使命だと訴えた。

一方で、桜宮高校で体罰して生徒を死に追いやった顧問について、実名も顔写真も報道することはなく、また吉祥寺の路上殺害においても、被害にあった女性の実名と顔写真をさらしまくっているわりに、「少年」だからということで実名や顔写真は報道しない。
で、一体、旧来メディアが主張する社会的使命とは何なのか?

テレビのニュースを見ていて不思議に思うのは、芸能人でも有名人でも国会議員でもない一般人が、火事で亡くなった際に、わざわざ全国区の放送で、貴重な時間を使い、火事のニュースと、亡くなった方の名前などを報道する。
一体、この報道に何の意味があるのだろうか?と、いつも不思議に思ってしまう。

多くの人は火事で亡くなった方を知らない。
火事で亡くなった親族などには、警察などから情報は伝えられるだろう。
で、わざわざ火事のニュースを取り上げ、わざわざ火事で亡くなった方のプライバシーを、暴露する必要があるのだろうか?

吉祥寺の路上事件の報道も痛ましい。
なぜ殺されてしまった人の顔写真と実名をさらす必要があるのか。
そんなことより許しがたい犯罪を行った、18歳の「大人」の実名や顔写真こそ報道すべきではないか。そうした社会的使命を感じて、訴訟リスクをとってでも報道しているのは、週刊誌ぐらいしかないという情けない実態。

許しがたい犯罪を行った加害者のプライバシーを厳重に守り、何の落ち度もない被害者のプライバシーをさらけだすことに、社会的意義があるとのたまう旧来メディアは、ネットや携帯電話など情報伝達技術が劇的に変わった、今の時代状況をまったく理解していず、自分たちの役割を勘違いしているんじゃないか。

被害者実名や顔写真こそ、のぞきみ趣味の二次被害を広げないためにも、厳重に吟味し、取扱い、犯罪行為を行ったことが間違えのない犯罪者こそ、実名報道、顔写真掲載するべきだと思う。

旧来メディアの被害者実名報道は、被害者を二度辱める行為だと私は思う。

あわせて読みたい

「実名報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  8. 8

    ポピュリズム人気は好景気の兆候

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  10. 10

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。