記事

ワクチン接種前倒し方針が、「今」に対応していない

岸田政権は今日、11日に引き続いて、ワクチン接種の前倒しを表明しました。

その内容とは、一般の高齢者について3月以降前倒す、一般の人についても3月以降前倒す、ということです。

私には、これは的外れなものに見えます。

なぜなら、問題はまず、これまでも私が繰り返し指摘してきたように、足元で見通し通り接種が進んでいないことをどう迅速化するかです。

そして、一般的の高齢者については、今、接種間隔が7ヶ月となっていて、それに見合うワクチンが配布される予定になっているので、2月に太宗の一般高齢者が3回目接種を受けることになっています。ここをできるだけ前倒していくことではないでしょうか。

これらの問題点をそのままにしておきながら、一般の高齢者を「3月から前倒す」としても、今、爆発的に増えている状況に対しては何ら意味を持ちません。

問題はまさに今、です。この驚異的な、爆発的な感染増加にどう対応するか、です。

あわせて読みたい

「岸田文雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「デルタ株とは違う」医療現場から嘆き 社会制限だけでなく適切な医療体制の構築急げ

    石戸 諭

    01月21日 14:30

  2. 2

    若者よ!やっぱり「FIRE」はやめなさい!

    内藤忍

    01月21日 12:24

  3. 3

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  4. 4

    中国製EV導入で高まる日本人の生活丸裸の懸念 - 山崎文明 (情報安全保障研究所首席研究員)

    WEDGE Infinity

    01月21日 13:06

  5. 5

    「数百円なのにおいしくて清潔」そんな食事が気楽にとれる先進国は日本だけという事実

    PRESIDENT Online

    01月21日 11:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。