記事

「菅内閣の轍は踏まない」オミクロン対策で支持率上昇中の岸田政権を脅かす"ある懸念"

1/2

「水際対策」「検査の拡大」は失敗に終わった

新型コロナウイルスの変異型オミクロン株の国内感染が急拡大している。岸田文雄内閣は、世界で拡大するオミクロン株に対して、昨年から「水際対策の徹底」と「検査の拡大」を打ち出してきたが、年明けから「市中感染」が一気に広がり、感染源の追跡もままならないまま「第6波」の感染爆発が起きつつある。

記者団の質問に答える岸田文雄首相=2022年1月11日午前、首相官邸 記者団の新型コロナについての質問に答える岸田文雄首相=2022年1月11日午前、首相官邸 - 時事通信フォト

もともとオミクロン株は感染力がデルタ株に比べて格段に強いと言われてきたので、いずれ水際は突破されると見られていたが、早々に壁が破られたことを示している。どこから市中感染に広がったのか、疫学調査の結果は明らかにされていないが、基本的には分からないということのようだ。つまり、水際対策も、検査の拡大も、残念ながらオミクロン株の前に失敗に終わったということだろう。

もちろん、感染が一気に広がった場所が、米軍基地がある沖縄や広島(岩国基地)、神奈川(厚木基地)であることを見ると、日本政府の「水際対策の徹底」が在日米軍には及んでいなかったと大いに疑われている。年末年始に沖縄に遊びに行った若者などが感染し、無症状のまま全国にオミクロン株を持ち帰って広げた、と見るべきだろう。もはや全国どこの都市にもオミクロン株感染者がいるという前提で今後の対策を取ることが重要になる。

素早い政府の対応、上昇した内閣支持率

こうした状況に対して、政府の対応は早い。自治体首長から出されていたまん延防止等重点措置の発動を早々に決めたほか、水際対策での外国人の入国禁止措置を2月末まで続けることも決定した。またワクチンの3回目接種を前倒しすることに加え、これまで対象外だった12歳未満のうち、5歳から11歳への接種を開始することも決めた。また、1月15日からの大学入学共通テストに関して、新型コロナの影響で受験できなかった場合に救済策を取るよう、文科省が大学に要請した。

間違いなく、この素早い対応は、菅義偉内閣の「失敗」を教訓にしている。デルタ株の蔓延に対して対策が後手後手に回ったと批判され、1年あまりで辞任に追い込まれた前内閣の轍は踏まない、ということなのだろう。

こうした対策が、とりあえず、国民の評価を得ている。

NHKが1月11日に公表した世論調査によると、岸田内閣を「支持する」と答えた人は57%。12月時点に比べて7ポイントも上がり、政権発足した10月以降、最も高くなった。一方、「支持しない」と答えた人は20%と6ポイント下がった。

同じ調査で新型コロナ対策への政府の対応を評価するかどうかという質問に対しては、「大いに評価する」が7%、「ある程度評価する」が58%と、合わせて3分の2が評価していることが明らかになった。

この段階で「ブレーキ」を踏むのは仕方がない

デルタ株の時の教訓を生かして、当時と同様かそれ以上の緊急措置を素早く取ったわけで、それが評価されたということだろう。

問題はこれからだ。果たして、オミクロン株にはこれまでのデルタ株と同じ対策を取ることが有効なのかどうか。デルタ株拡大の時のように経済活動を大幅に制限すれば、そうでなくても足腰が弱っている日本経済は大打撃を被る。

「デルタ株までとは症状が違い、別の病気のようだ」

沖縄などで感染患者を診察している医師からもそんな声が聞こえてくる。日本国内での感染拡大が始まったばかりで、オミクロン株の日本人への影響はまだよく分かっていない。1日100万人が感染している米国では明らかに重症化したり死亡したりする率が低くなっているが、それをもって弱毒化したと断定するのはまだ早い。この段階では、デルタ株の時と同じように、思い切り「ブレーキ」をかけ、徹底した対策を行うのは仕方がないことだろう。感染予防を訴える一方で、Go To キャンペーンの実施にこだわった菅内閣は、ブレーキとアクセルを同時に踏んでいるような感じがあったが、岸田内閣は一気にブレーキを踏んでいる。

あわせて読みたい

「岸田内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。