記事

北朝鮮がマッハ10の極超音速ミサイル発射 わが国の安全保障は・・・

防衛省・自衛隊:北朝鮮のミサイル等関連情報(続報) (mod.go.jp)

国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、「日々勉強!結果に責任!」をモットーとする内閣府副大臣、参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。

 わが国は大変厳しい安全保障環境にあるわけですが、昨年から今年にかけて、北朝鮮の弾道ミサイル発射は、迎撃が困難な兵器へと開発が進み、さらに厳しさを増しています。

1月11日(火)午前7時25分、北朝鮮は、内陸部から弾道ミサイル1発を東方向に発射をし、我が国の排他的経済水域外に落下しました。今年に入って、先週1月5日(水)に引き続いての発射となりました。

政府の分析では、通常の弾道ミサイルよりも低い、最高高度約50キロメートル程度を最大速度約マッハ10(音速の10倍)で飛翔し、また左方向へ水平軌道も含め、変則的な軌道で飛翔した可能性があるとしています。いわゆる極超音速ミサイル兵器というわけです。

ミサイル発射を繰り返す一連の北朝鮮の行動は、我が国と地域の平和と安全を脅かし、国連安保理決議に反するものであり、政府は早速北京の大使館ルートを通じ、北に厳重に抗議を行い、強く非難をしました。1月11日(火)には、国家安全保障会議の4大臣会合を直ちに開催して議論を行っています。引き続き米国等とも緊密に連携して、我が国の平和と安全の確保に万全を期していくとしています。

令和4年1月11日(火)午前 | 官房長官記者会見 | 首相官邸ホームページ

具体的な対策としては、来年度から防衛省において、赤外観測衛星を多数配置して宇宙から、また滞空型無人機等によって、極超音速滑空兵器を探知・追尾する仕組みを構築しようとしています。将来、レールガン(電磁波砲)による迎撃の研究開発に本格的に着手することにもなっています。

yosan_20210831.pdf (mod.go.jp)

 北朝鮮や中露が開発し、既に配備しているといわれる極超音速兵器の探知・追尾・迎撃体制をつくるためには、時間がかかります。日米同盟による抑止力とともに、わが国自体が速やかに敵基地攻撃能力を持つ必要があります。拉致、核、ミサイル問題の解決に向けて、国民の安全確保のためには、まったなしです。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

  2. 2

    国民の声に耳を傾けるといいつつ、真相解明求める森友問題等への言及ない岸田首相

    塩川鉄也

    01月18日 10:04

  3. 3

    「オミクロン株の特徴にふさわしい効果的な対策を」尾身会長が総理との会談で提言

    ABEMA TIMES

    01月18日 13:31

  4. 4

    ひろゆき氏「政治家が幸せになりたいだけ」議員定数は増やすべき? 稲田朋美氏と議論

    ABEMA TIMES

    01月18日 09:12

  5. 5

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。