記事

自分の「強み」を持つことがこれからの時代の「安定」  リブセンス 村上太一社長×サイボウズ 青野慶久社長 対談

「あまり達筆ではないので…」自身のインタビュー本に青野社長からサインを求められ、恐縮そうに苦笑いを浮かべる青年は、いわゆる“ベンチャー社長”像と異なり、ものすごく物腰やわらかでした。
その青年とは、25歳で最年少東証一部上場記録を5年ぶりに塗り替えた株式会社リブセンス村上太一社長。「成功報酬型」「採用祝い金」という画期的な仕組みで躍進するアルバイト求人サイト「ジョブセンス」を立ち上げた、そのひとです。

対談では、村上社長の目指す経営者像、海外への挑戦、世代で異なる豊かさの定義について語られました。

インタビューの場となった、リブセンス社の会議室に現れた青野社長。その手には何やら紙袋が・・中には、26歳の誕生日※を迎えた村上社長へのサプライズプレゼントが。中身は… レッドブル26本!

※村上社長のお誕生日は10月27日。昨年の取材から掲載までだいぶ時間が経ってしまいました。。すみません(編集長大槻) 画像を見る

まるで社長お二人によるレッドブルの広告のような不思議な写真が撮れました。

画像を見る

明日がお誕生日なんですよね。おめでとうございます!

画像を見る

ありがとうございます!これは・・インパクトありますね・・・

画像を見る

これ(レッドブル)で、もっと働いてくださいね(笑)

画像を見る

はい。社員のみんなと分け合います(笑)

村上社長と“おカネ”

画像を見る

いきなりの質問ですが、上場してお金が入ったと思いますが、今なにがほしいですか?

画像を見る

うーん…

画像を見る

あれ、ない?(笑)

画像を見る

マットレスを買いたいですね。

画像を見る

マットレス… あのベッドの… ですか?

画像を見る

とある経営者の方に「マットレスに投資しろ」と言われたんです。もっと熟睡して、睡眠時間を1時間短縮したいなと。そうしてできた時間を仕事に充てたいですね。

画像を見る

村上さんの本を読んで予習してきましたが、ここで書かれているとおり、質素なんですね。

画像を見る

インタビューに向けて本を読んで予習してきた青野社長

画像を見る

質素とか倹約というよりは、単純に興味がないんですよね。例えば、僕の両親もタクシーを嫌うひとで、いまでも時間を短縮するために乗るぐらいでしか利用しないです。きっと、そういう幼い頃に植え付けられた感覚が今でも残っているんですかね。

画像を見る

普通はそういう体験に対して反動がありそうじゃないですか?

画像を見る

うーん… ないんですよね。ごはんだって、安くてもおいしいものはたくさんありますし。

画像を見る

乗らないフェラーリとか買わないんですか?

画像を見る

買う予定はないですね(笑)僕、駐車が苦手なんですよね。

画像を見る

駐車ができないフェラーリ…確かに必要なさそうです…

村上社長と“起業”“経営”

画像を見る

ところで、もともと起業志向はあったんですか?

画像を見る

はい。両祖父が経営者だったので、中学生のころは何となくでしたが、高校生になってからは明確に起業したいと思うようになりました。

画像を見る

高校生というと2000年頃?ちょうどITバブル真っ盛りの時期ですね。

画像を見る

はい。今はリブセンスはITの会社ですが、将来的にはIT以外もやる可能性はあります。

画像を見る

それは意外です。例えばどんなビジネスですか?

画像を見る

世の中になくてはならないビジネスでしょうか。たとえば、宅配便です。そもそも儲からないと言われていた宅配業ですが、ヤマト運輸の小倉昌男さんが米屋で宅配を受け付けてから火がつき、競合では佐川急便やペリカン便と出てくる中、クール便など次々と新しい分野にチャレンジされて大きな事業になりましたよね。僕たちがいま楽天で生鮮食品を買えるのも宅配便のおかげですから。

画像を見る

インフラに近いイメージですね。ビジネスの立ち上げを検討するときは、お金から入るんですか?

画像を見る

いえ、“どれくらいのひとが使ってくれるか”というイメージから入ります。

画像を見る

目標としている経営者はいますか?私は孫さんとかすごいなと思うんですが。

画像を見る

特に誰という目標はいないですね。孫さんには、実際にお会いしたことはありますか?

画像を見る

はい、一度だけありますよ。村上さんは?

画像を見る

いいえ、お会いしたことはないんですよ。

画像を見る

孫さんはすごいですね。一回の打ち合わせの中で、私では思いつかなかったような事業アイデアが4つぐらい生まれました。すぐさま会議室にある電話で社内の誰かを呼び出すと、下の階からひとがやってきて「やりましょう!」となるんです。

画像を見る

すごいですね。孫さんは高校時代から海外に行き、何かを発明しては売却を繰り返してますからね。でも、時価総額2兆円、そのうち借金が1.5兆円というのを知り驚きました(笑)。僕はどちらかというと日本電産の永守さんや、ファーストリテイリングの柳井さんのように、努力しながら着実にやっていくタイプです。

画像を見る

ほんとによく勉強してますね〜。

画像を見る

いえいえ。青野さんの目指すところはどこですか?

画像を見る

僕は太陽のような企業が理想なんですよ。太陽って誰からもお金をもらっていなくて儲かってないですけど、すべての人類がその価値を享受していますよね。そんな誰からも必要とされていて、かつほかの誰も作れないものを生み出しているのがいいですね。

画像を見る

太陽のような企業が理想の青野社長

画像を見る

僕もそういうの好きです。でも僕は利益もあげていきたいですね。Facebookのザッカーバーグが言う「利益は投資の源泉」という言葉は自分の中で“これだ!”と強く思いました。

画像を見る

なるほど。「ジョブセンス」の成功の秘訣はなんだと思いますか?

画像を見る

三方良しのビジネスモデルという点だと思います。アルバイト情報サイトで“成功報酬”という目新しさ、ユーザーへの“お祝い金”ですね。でも、東証一部上場はしましたけど、自分たちの影響力がまだ小さいというのは自覚しているんです。やるからには業界で1位を取りたいです。

画像を見る

M&Aとかは考えないんですか?

画像を見る

そうですね、将来的に可能性はゼロではないですが、M&Aをするとほかの会社と同じ攻め方になってしまいます。そしてほかと同じやり方をやってもパワーで負けてしまう。僕が考える“戦略”とは“ほかと違うことをやること”です。

画像を見る

あと、“なにをやらないか”も重要ですよね。既存のサービス以外にはどんな事業をやっていきたいですか?

画像を見る

なにかしらの課題を解決するもの、ですね。僕はそれとは逆に、娯楽系が苦手なんです。

画像を見る

質素なひとは娯楽系、苦手ですね(笑)

画像を見る

そうかもしれないですね(笑)青野さんは娯楽系いかがですか?

画像を見る

僕もダメ。普段、洋服を買いに行ってもどれがいいかとかなかなか選べないですもん。むしろ、“原価いくらかな”とか気になっちゃて(笑)

画像を見る

「娯楽系」が苦手と語る社長お二人

画像を見る

ところで、海外展開は?

画像を見る

日本で勝てないのに海外で勝てるかというとそうではないと思うんです。なので、まずは足場を固めたい。もちろん、海外に展開する可能性はゼロではないですし、海外に行きたくなったときにいつでもアクセルを踏めるようにしておきたいです。それに、いざ“海外でやるぞ!”ってなっても、最初はしかるべきミスをしないといけないでしょうね。青野さんは以前、海外展開されてましたよね?

画像を見る

はい。サイボウズも10年近く前に一度海外で失敗して、2億円ぐらいすりましたけど、あのとき失敗してよかったです。日本の文化やビジネスが受け入れられるのにもタイミングがあると思うんです。そのタイミングが来るまで待つのも大切です。

画像を見る

タイミングと言いますと?

画像を見る

例えば、いまアメリカってプリウスばかり走っていますけど、あれは最初、有名俳優のレオナルド・ディカプリオが映画祭に乗ってきて、そこで“エコ”と“かっこいい”の意味がちょうど合わさった。そういうきっかけがあって文化としてうまく定着したことを考えると、単に自分たちのタイミングで海外進出しさえすれば良いというものではないと思います。

村上社長は社外への発信は控えめ?

画像を見る

FacebookとかTwitterはやらないんですか?

画像を見る

僕、あんまりつぶやかないんですよね。人前に出るのがあまり得意ではないんです。まだ広報からつぶやけというプレッシャーもないので(笑)発信し続けると、それが逆にプレッシャーになるんじゃないかなと。

画像を見る

立場があるひとは気をつけたほうがいいですよ。僕も競合企業に挑発的なことをつぶやいたら、サイボウズ式編集長の大槻に怒られましたもん(笑)

画像を見る

社外に発信して行くのって難しいですよね。発信しすぎると、いろいろありますから…

画像を見る

では、社内への発信は?

画像を見る

社内にはメルマガを書いています。

画像を見る

えらい!

画像を見る

ただ、メールだと一方通行な気がするので、これからはインタラクティブにしていこうと思っています。

画像を見る

ぜひ今回導入頂いたガルーンを活用して下さい。

画像を見る

青野さんは社内に向けて情報発信されてますか?

画像を見る

社内に向けて発信するのは大切ですよ。“うちの社長はこんなこと考えているんだ”と思ってもらえますから。そういう意味で、うちは過去に失敗しましたね。

画像を見る

失敗?

画像を見る

ええ。ひとが一気に増えて、ぐわーっとやめていったんです。そんなことがあってから、例えば“松下幸之助さんの本を読んで、僕はこう思うよ”みたいなことを社内のグループウェアで書き始めました。

画像を見る

サイボウズ社内のグループウェアを説明する青野社長。「青野のひとりごと」という場所を作って、社員に向けた情報発信と、社員とのコミュニケーションの様子を説明

自分の強みを持つことがこれからの時代の「安定」につながる

画像を見る

お互い若い頃に起業して現在に至るわけですが、村上さんは今の若者に対して起業を勧めますか?

画像を見る

そこは価値観だと思うんですよ。でも、“やりたいことがない”というのは避けたほうがいいと思います。

画像を見る

僕の世代は偏差値で大学を選んで、教授に推薦された大企業に入ると“幸せ”と言われていました。でも僕の友達で大手家電メーカーに勤めていた友人なんかは、今では早期退職という名目の強制退職同然の扱いを受けたりしています。

画像を見る

“大企業、公務員は安全”“なにもやりたいことがないから大企業” みたいな風潮は僕らの世代でもありますよ。“おまえ、保険興味ないだろう?”みたいなひとが保険業界の大手企業に入社したり。

画像を見る

そうなんですね。

画像を見る

はい。この前、柳井さんが「現実を視よ」という著書の中で「暑いお湯の中にカエルを入れるとすぐに飛び出す。でも、水の中にカエルを入れてゆっくり茹でてもなかなか飛び出そうとしない。日本はいまそんな状況だ」と書かれていました。それで、“安定”というのは“自分一人で自立できること”なんだなと思いました。

画像を見る

自分の強みを持つことがこれからの時代の「安定」だと語る、村上社長

画像を見る

日本の企業は“アップルみたいな企業が出る、出る”と気づいていたのにずっと何もしませんでしたからね。

画像を見る

日本は島国ですが、これが移民国家だと、みんな共通のバックグランドがないからお互いを信じないところから始まるんです。アメリカの企業は、お互いを信頼しないことを前提に組織を作るのがうまい。もちろん、日本の性善説はいいところでもあるんですが…

画像を見る

それを“いいところ”というのは、村上さんの世代感ですね。

画像を見る

そうかもしれません。よく“いまの20代は挑戦していない”と言われます。“ノマドとか、自分なりの生き方とかそういうのだけで生きていて、社会に対して挑戦していないんじゃないか”とも。そのひとなりの価値観を認める、自分なりの生き方、世界でいいんだというのは、もしかしたら”逃げているのかもしれない。逃げていると言われてもなんとなくわかる”と思ってしまいます。

画像を見る

良い、悪いでいうと?

画像を見る

良い、悪いではまだわからないですね。そこから新しい本流が生まれて、いまの考え方が“古い”生き方みたいになるかもしれませんから。

画像を見る

安易に価値判断を下さないで、その先を見据えているんですね。40歳を過ぎた私でもそこまで達観するのはなかなか難しい(笑)今日は勉強になりました。ありがとうございました。

画像を見る

若さとはうらはらに成熟した考えを持つ村上社長。青野社長はその魅力に引き込まれたようで「今後も応援していきたい」とおっしゃっていました。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋本聖子氏 池江への発言が炎上

    女性自身

  2. 2

    お父さんは違憲? 安倍首相に疑義

    赤木智弘

  3. 3

    尾崎豊の名曲 歌詞が今さら物議

    キャリコネニュース

  4. 4

    QUEENフレディ 過剰歯は誤訳か

    大隅典子

  5. 5

    祝日の国旗は右翼的? 奇妙な日本

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏&香山氏 アイヌを激論

    篠田博之

  7. 7

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  8. 8

    「月20万円でレクサス」は安いか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    女性店員へのセクハラで逆転敗訴

    猪野 亨

  10. 10

    マイナンバーカードの普及は必須

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。