記事

北朝鮮、極超音速ミサイル発射実験に新たに成功と発表 金正恩氏が立ち会う

北朝鮮国営メディアの朝鮮中央通信(KCNA)は12日、同国が11日に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記の立ち会いのもと、新たに極超音速ミサイルの発射実験を行ったと報じた。

KCNAは、11日に発射されたミサイルが1000キロメートル離れた水域の設定標的に「命中した」と伝えた。

また、「最終試射を通じて、極超音速滑空飛行戦闘部の優れた機動能力がいっそうはっきり実証された」とした。

韓国と日本は11日、日本海に向けてミサイルが発射されたと発表していた。

北朝鮮は2021年9月28日2022年1月5日に極超音速ミサイルの発射実験に成功したと発表しており、今回で3度目となる。

金総書記は新年の演説で、同国の防衛力を強化すると宣言し、1週間で2度の発射実験が行われた。

5日のミサイル発射をめぐっては、アメリカやイギリス、フランスなどが地域を「不安定にする行動」をやめるよう北朝鮮に求めた。

極超音速ミサイルは通常、弾道ミサイルよりも低い高度で、音速の5倍以上の速さ(時速約6200キロ)で飛行する。弾道ミサイルよりも検知することが難しい。

北朝鮮のほか、アメリカや中国などごく一部の国が極超音速ミサイルを開発しようとしている。

金氏が立ち会う

国営メディアが公開した写真では、関係者とともに実験を見守る金氏の姿が確認できる。報道によると、金氏がミサイル発射に公式に参加したのは2020年3月以来という。

「金氏はおそらくこの間に、ほかの実験にも非公式に参加しているだろうが、今回立ち会った様子や労働新聞の一面記事は重要だといえる」と、北朝鮮を監視するコリア・リスク・グループのチャド・オキャロル最高経営責任者(CEO)はロイター通信に述べた。

「これは、金氏が新たな主要技術の実験と個人的に関連付けられることを懸念していないことを意味している。そして、アメリカにこれをどう見られるかということも気にしていない」

(英語記事 North Korea claims new hypersonic missile test

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  3. 3

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。