記事

浜口監督作品 米Gグローブ賞

米アカデミー賞の前哨戦にも位置付けられる映画賞「第79回ゴールデン・グローブ賞」の各賞が、9日発表され、浜口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が非英語映画賞(旧外国語映画賞)に選ばれました。日本の作品では、1960年に受賞した市川崑監督の「鍵」以来62年ぶり、とのことです。

昨年7月のカンヌ国際映画祭で脚本賞を獲得し、米国でも受賞ラッシュが続き、注目度が一段と高まっている、と報じられています。今年3月の米アカデミー賞では、国際長編映画賞部門の対象作になっていて、日本映画として初めて作品賞にノミネートされるかどうかも注目されているそうです。

原作は、村上春樹さんの短編小説で、浜口監督は、脚本も書くので、原作をいかしながら書いた、ということです。妻を亡くした舞台俳優が、演劇祭のため訪れた広島で、専属運転手の女性と出会い、自身の悲しみを見つめなおす姿が描かれています。

昨年12月発表のニューヨーク映画批評家協会賞で作品賞を、ロサンゼルス映画批評家協会賞で、作品賞と脚本賞を獲得しています。今月8日に発表された全米映画批評家協会賞でも、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞の4冠に輝き、ほんとうに受賞ラッシュといえます。

映画好きのオバマ元米大統領が、昨年12月に「2021年のお気に入り映画」の1本に選ぶなど話題も広がっています。

アカデミー賞に向けても、2020年の韓国の「パラサイト」、2021年の中国の「ノマドランド」に続いて、国境や言葉を越えた受賞になるか、注目されています。

あわせて読みたい

「ゴールデングローブ賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  4. 4

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。