記事

【ゴールデングローブ賞】

アカデミー賞の前哨戦と言われるアメリカの映画の賞=ゴールデングローブ賞。濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が非英語映画賞を受賞したことが話題ですね。

現地からは主催団体がスキャンダルまみれで今回、式典が放送されなかった上にライブ配信すらされなかったなどという報道が相次いでています。


(HBO Succession)


(Netflix パワー・オブ・ザ・ドッグ)

Los Angeles TimesはThis is what happened inside the Golden Globes show that wasn't televised(放映されなかったゴールデングローブ賞の内部)の中で、主催するHハリウッドの外国人記者の団体(HFPA)が金銭をめぐるスキャンダルや審査員の人種構成の多様性の欠如をめぐってNBCテレビが第79回の式典の放送を見送り、さらにライブ配信すらされなかったと報じています。

HFPAはぎりぎりまで俳優の出席を画策していたそうですが、その影で、トム・クルーズさんが3つのゴールデングローブ賞を返却し、スカーレット・ヨハンソンさんが仲間に距離を置くよう促したということです。

New York TimesはGolden Globes 2022: 'Succession' and 'Power of the Dog`Take Top Honors(「サクセション」と「パワー・オブ・ザ・ドッグ」が受賞)の中で、HFPAが9日、放送が実現しなかったゴールデングローブ賞についてツイッターで発表したものの、詳細な情報が欠けていたと伝えています。

「これまでハリウッドでもっとも華やかなショーからは大規模な転落だ」とバッサリ。

この理由として、Los Angeles TimesやNew York TimeがHFPA内の倫理問題や審査員の中に多様性が乏しかったために、マネージメント会社などが俳優の参加を見送ったためだとしています。

その上で、作品賞(ドラマ)は「パワー・オブ・ザ・ドッグ」、作品賞(ドラマ)に「サクセッション」、作品賞(コメディー/ミュージカル)に「ウエスト・サイド・ストーリー」が選ばれたとしていうことです。

CNNは'Squid Game' star O Yeong-su wins best supporting actor at Golden Globes(「イカゲームの」オ・ヨンスが助演男優賞)の中で、ネットフリックスの韓国ドラマ「イカゲーム」でオ・イルナム役を演じたオ・ヨンスさん(77歳)が助演男優賞を受賞したと伝えています。

韓国の作品や俳優がゴールデングローブ賞に選ばれるのは初めてだとしています。

去年9月17日に配信が始まった「イカゲーム」は、10月の時点でネットフリックスにとって最大のヒットシリーズということで、この人気を背景にオ・ヨンスさんとネットフリックスは続編を出す話が出ていると認めているものの、具体的には決まっていないということです。

あわせて読みたい

「ゴールデングローブ賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。