記事

遺伝子操作したブタの心臓を男性に移植、世界初 アメリカ

UNIVERSITY OF MARYLAND SCHOOL OF MEDICINE | 担当医のバートリー・P・グリフィス外科医とデイヴィッド・ベネットさん(今月初め撮影)

アメリカ米メリーランド大学医療センターは10日、遺伝子操作したブタの心臓を人に移植する手術を実施したと発表した。

メリーランド州ボルティモアで、7時間にわたる実験的な移植手術を受けたデイヴィッド・ベネットさん(57)は、術後3日が経過。容体は良好で、自発呼吸も確認されたという。

ベネットさんはこの移植を受けなければ命が危険な状態だったため、米医療当局は特別許可を医師団に与えたという。ただし、長期的な生存率は分かっていない。

AFP通信によると、心臓の提供元となったブタは、ベネット氏の免疫反応が心臓を拒絶しないよう遺伝子操作されたもの。

「死ぬか、この移植を受けるか、どちらかだった」と、ベネットさんは手術の前日に話していた。「成功の可能性が低いのは分かっているが、自分にとってこれが最後のチャンスだ」。

ベネットさんは状態が悪く、人間の心臓の移植には適さないという医師団の判断を受けていた。

担当した医師団にとって今回の手術は、数年間の研究が結実したもので、世界中の患者の人生に大きな影響を与えるかもしれないと期待されている。

メリーランド大学の声明で、執刀したバートリー・グリフィス外科医は、「臓器不足の危機解消に(世界が)一歩近づく」ことになると期待を示した。

移植用の臓器が不足している現状では、待機リストで10万人が順番を待っているとされ、アメリカでは臓器提供を待ちながら1日に平均17人が死亡しているという。

「異種移植」への期待

「異種移植」と呼ばれる治療のために人間以外の臓器を使う技術は、長年にわたり研究が重ねられてきた。ブタの心臓弁の移植はすでに治療法として広く定着している。

昨年10月には米ニューヨーク大学の医師団が、ブタの腎臓を人間に移植する手術に成功したと発表。当時はこれが異種移植の分野で最先端の研究成果だったが、移植を受けた人は脳死状態で、回復の見込みはなかった。

一方のベネット氏は、ブタの心臓を移植されたことで、今後も生き続けたいと期待している。

ベネット氏は手術の6週間前に末期症状の心臓疾患と診断されて以来、生命維持装置につながれた状態で寝たきりだった。先週には「回復したらベッドから起き上がりたい」と話していた。

医師団はベネット氏の術後の容体を注視している。10日には自発呼吸ができるようになっていたという。

ただし、今後どうなるのかは不透明だ。ベネット氏の息子、デイヴィッド・ベネット・ジュニア氏はAP通信に対して、現時点で家族は「未知の領域にいる」と認めた上で、「(父は)今回の手術がいかに大変なもので、いかに重大なものか認識している」と話した。

グリフィス医師は、「人間に対しては初めての処置だった。ベネット氏には、これまでのセラピーを続けるよりも、良い選択肢を提供できたと思っている」とした上で、「ただし、あとどれくらい生きられるのか、1日か1週間か、1カ月か1年なのか、それは分からない」と認めた。

(英語記事 Man gets genetically-modified pig heart in world-first transplant

あわせて読みたい

「臓器移植」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

  2. 2

    国民の声に耳を傾けるといいつつ、真相解明求める森友問題等への言及ない岸田首相

    塩川鉄也

    01月18日 10:04

  3. 3

    「オミクロン株の特徴にふさわしい効果的な対策を」尾身会長が総理との会談で提言

    ABEMA TIMES

    01月18日 13:31

  4. 4

    ひろゆき氏「政治家が幸せになりたいだけ」議員定数は増やすべき? 稲田朋美氏と議論

    ABEMA TIMES

    01月18日 09:12

  5. 5

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。