記事

余裕の自民、赤信号が点滅している立憲民主と国民民主。さて、どうすべきか

世論調査での野党第一党は維新だそうである。

役員改選でそろそろ人気が上昇してもいいはずの立憲民主党の低迷ぶりが気に懸かる。
泉健太氏でもダメということになれば、今年の参議院選挙での立憲民主党の苦戦は必至と言わざるを得ない。

共産党との共闘路線は事実上撤回したようなものだから、もう少し立憲民主党を見直す機運が出て来てもいいと思うのだが、なかなか上手く行かないようだ。

支持率の面で好調なのは岸田内閣と自民党だけで、維新も実はパッとしない。

立憲民主党よりは上だが、とても自民党に代わって政権を担うことが出来るほどの勢いは示していない。

自民党も岸田内閣も大したことはしていないのだが、どうやら大方の国民は自民党や岸田内閣にしっかりやってくれ、と期待しているのだろう。

万一、自民党や岸田内閣がしっかりやってくれないと、今の期待は大きな失望に変わってしまうかも知れない。
目下の支持率の高さに安住して、うっかり気を抜いたり手を抜いたら、どういうことになってしまうか。

些かも気を抜くことも手を抜くことも出来ない状況だ、ということを肝に銘じられるべきだろう。

それにしても出入国管理法の改正とか感染症法の改正といった喫緊の課題を新年早々に先送りすると表明してしまったのはいただけない。

攻める姿勢、難しい問題にも果敢に挑戦する姿勢を大方の国民は求めているはずである。
再考された方がいい。

翻って、立憲民主党や国民民主党は、国会の審議を通じて自分たちの存在をアピールすることですね。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。