記事

TPPーー戦略的な交渉になっているか

昨日に続いてTPPの自動車問題について。

問題の構図は昨日書いた通りです。

私は昨年この問題の担当政務官だった時、米国がこのような要求をしてくるだろうな、ということが予想されていたので、戦略的には、自動車関税撤廃の年限延長を受け入れるのであれば、それと取引しながら農産物に関する日本の関税撤廃の例外措置を勝ち取るというシナリオを描いていました。

しかるに安倍政権においては、農業を守るという面においては、既に「聖域なき関税撤廃ではないことを確認した」と言っているので、これ以上譲歩を引き出す立場にはありません。

一方自動車においては、交渉参加前に関税撤廃年限延長という日本側の譲歩を迫られる可能性があるわけです。

自動車という交渉カードを使って農業を守るという戦略的な交渉構図にはすでになっていません。

経緯を知っている私の目からは稚拙な交渉手法に見えます。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。