記事

敵基地攻撃能力を備えるのが国防? 無駄ガネになるだけ 立憲民主党、共産党が正しい

1/2
敵基地攻撃能力を持ちたいと岸田政権は言っていますが、それに疑義を唱えるのが立憲民主党、共産党、賛意を示したのが維新の会に国民民主党というのですから、野党の立ち位置もはっきりしてきました。

「敵基地攻撃能力」野党の差鮮明 立共反対、維国賛成」(産経新聞2022年1月9日)

「立民の泉健太代表は「今の時代は発射台付き車両(TEL)からミサイルを射出するわけで、動かない基地を攻撃したところで抑止できるのか」と問題提起した。その上で「敵基地攻撃で何が防げるかを政権与党は説明しておらず、そういったものは当然、了承できない」と否定的な見解を示した。」
 これ、非常に全うな見解なんです。

 私自身は、効果があるのかどうか以前に敵基地攻撃能力を保有することは憲法9条に反するものなので反対なのですが、憲法論議はさておくとしても敵基地攻撃能力を保持するためには膨大な税金を注ぎ込むことが必要になりますが、しかし、その結果は壮大なる無駄を展開することになります。

 今の日本の国力では到底、できないことをやろうとしているわけです。

2017年12月23日撮影

 さて、敵基地攻撃能力の仮想敵国はどこですか?

 現実問題として、中ロ両国は全くあり得ないんです。

 敵基地攻撃能力というのは、相手の国がミサイルで先制攻撃を仕掛けてくる、防衛のためにはミサイルが飛んできてからでは遅い、だから先に叩くのだ、という発想のもとにあります。これは確かに軍事技術の発展に伴って従前とは違ってきた状況にあることはその通りでしょう。

 とはいえ、実際に東アジアにそのような緊張状態があるのかどうかは別問題です。

 今、中ロ両国から攻撃を仕掛けられる可能性は全くのゼロです。

 本気で中国やロシアが日本にミサイルを撃ち込んでくると思っている人がいるとすればインターネットの下らない情報の見過ぎです。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  3. 3

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。