記事

藤井貴彦アナ、常に意識する“人の不幸で飯を食うな”の報道精神 高校サッカー実況が原点に

ニュース映像を通して誰かの役に立たなければ

夕方のニュース番組『news every.』(毎週月~金曜15:50~ ※一部地域除く)のメインキャスターとして活躍する日本テレビの藤井貴彦アナウンサー。新型コロナウイルスの感染者数などを伝えたあとに、自らの言葉で発信するメッセージも話題となり、今や日本を代表するニュースキャスターとなった。

そんな藤井アナの原点は「高校サッカー」。実況アナたちが舞台裏を明かす書籍『第100回全国高校サッカー選手権記念 伝えたい、この想い アナウンサーたちのロッカールーム』では、多忙の合間を縫って執筆に加え、編集も担当するほどの熱の入りようだ。

高校サッカーの実況アナウンサーとしての経験が今に生きているといい、「高校サッカーをやっていなかったら、私は『news every.』という番組を12年続けられていないです」とまで断言する――。

日本テレビの藤井貴彦アナウンサー

全国から情報が集まる人脈を構築

藤井アナが、今に生きる経験として1つ目に挙げたのは“人脈”。「例えば、私が生まれ育った場所でない地域で交通事故が起きたとします。そこで、その地元局に仲の良い後輩アナウンサーがいたら、『あの場所ってどんなところ?』と聞くんです。すると、彼は高校サッカーでやり取りしていた後輩ですから、私が欲しがっているものが全部分かるので、『ここは普段交通量が多くて、信号も青の時間が短いので、赤信号のまま渡っちゃう人が多かったですね』というふうに、“それ!”という情報がやってくるんです」。

高校サッカーの実況アナは、全国大会が始まるとコロナ前までは1つのホテルに集結し、その日の実況映像を見ながら、局を越えて先輩から後輩にダメ出しやアドバイスをする習慣があった。さらに、年間を通して試合会場に足を運ぶと、その現場で「おっ、来てるね!」と会い、そのまま飲みに行くといったコミュニケーションもあったそうで、そうした密な関係を持つアナウンサーが、全国に存在するのだという。

また、ニュース番組の本番中に、必要な情報を即時に出すスキルも、「高校サッカーで取材して得た様々な資料がある中で、“今この瞬間のプレーにおいて必要な情報はこれだ!”と出すということをやっていたのが大きいですね」と分析する。

本のPRで全国を飛び回る藤井アナ。2021年12月26日には福岡放送『夢空間スポーツ』に生出演した

全国選手権をいつまでも開催し続ける責任

そして、「一度、物事を俯瞰(ふかん)で見るようになったんです」とも。

「例えば、火事や事故をヘリコプターから中継でお送りするときに、映像を見ていれば視聴者の皆さんはおそらくチャンネルを変えないと思います。でも、その映像を通して誰かの役に立たなければ、僕らは“人の不幸で飯を食う”ことになってしまう。だから、『風下にお住まいの皆さんは延焼するおそれがありますので、避難する準備をしてください』とか『火の粉が飛んでくる可能性もありますので、距離があると安心だと思っている方もご注意ください』と言える人間にならなければならないと思うんです。“人の不幸で飯を食うな”という精神は、常にスタッフと強く意識しています」

では、高校サッカーからこの考えに至ったのは、なぜか。

「自分がいいネタを取った、自分がおいしい実況ができたというだけでは、高校サッカーではいい中継にならないんです。これは本にも書いたのですが、大先輩のアナウンサーが国見高校(長崎)の試合の実況をしたんですね。その先輩は国見に取材に行って、夜暗くなったらどう練習するんだろうと思って見ていると、選手たちがボールに石灰をまぶして、監督の車のヘッドライトをグラウンドに照らし、ボールが光るようにしたそうなんですよ。『そんな涙ぐましい努力をして、全国優勝を目指しています』と実況したその翌年に、国見高校にナイター照明が建ったんです。あの実況を聞いて、ヘッドライトに照らされたグラウンドで白いボールを追いかけている選手たちの姿を想像して、『何か役に立つことができないか』と思い立った人たちがいたんですよね」

そうしたエピソードを踏まえ、「“高校サッカーを日本のサッカーを支える裾野にするんだ”という思いがなければ、やっぱりいいアナウンサーの中継にはならないんです。この本を通して、後輩アナウンサーたちにもそうしたメソッドやDNAをつなげたいという思いもあります。高校3年生の最後に、一番良いところを輝かせてあげようというこの大会を、いつまでも開催し続けるのは、僕らの責任なんです」と強調。

本の印税は、主催者に寄附することを決めた。「コロナ禍で、大会の開催が少し危うい状況になっていたので、この本が微々たるものでも貢献になれば」という思いが込められている。

「こうして今があるのはサッカーのおかげです」

『第100回全国高校サッカー選手権記念 伝えたい、この想い アナウンサーたちのロッカールーム』

「高校サッカーをやっていなかったら、私は『news every.』という番組を12年続けられていないです。高校サッカーがなかったら、私の日本テレビ人生は、つまらないものになっていたと思います(笑)」とまで言う藤井アナ。日テレへの入社志望は「完全に高校サッカーです!」と打ち明ける。

「子供の頃は少年サッカーをやっていて、年末年始はいつも友達の家にみんなで上がり込んで高校サッカーを見ていました。私、アナウンサーになりたかったんじゃなくて、サッカーに関わる仕事がしたかったんです。だから、テレビ局はサッカー中継のある局しか受けていないですし、それ以外はユニフォームを作るスポーツメーカー、日本サッカー協会、等々力競技場の芝を管理する団体など、“サッカー縦軸就活”をやっていました(笑)」

こうして採用面接で「サッカーのそばで生きていきたい」という熱意をアピールすると、それが伝わって、どんどん次の選考に進むことができたという。「こうして今があるのはサッカーのおかげです。この本で、その恩返しができればと思います」と、取材中に何度もサッカーへの感謝の思いを語っていた。

●藤井貴彦1971年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学卒業後、94年日本テレビ放送網に入社し、スポーツ実況アナウンサーとしてサッカー日本代表戦や、クラブワールドカップ決勝、2010年バンクーバー五輪の実況などを担当。高校サッカーでは、第85回(06年)、第86回(07年)、第87回大会(08年)の決勝などを実況した。10年4月からは夕方のニュース番組『news every.』のメインキャスターを務め、コロナ禍で視聴者に寄り添うコメントが注目を集めている。21年4月からは音楽番組『MUSIC BLOOD』のナレーションも担当する。

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

  2. 2

    国民の声に耳を傾けるといいつつ、真相解明求める森友問題等への言及ない岸田首相

    塩川鉄也

    01月18日 10:04

  3. 3

    「オミクロン株の特徴にふさわしい効果的な対策を」尾身会長が総理との会談で提言

    ABEMA TIMES

    01月18日 13:31

  4. 4

    ひろゆき氏「政治家が幸せになりたいだけ」議員定数は増やすべき? 稲田朋美氏と議論

    ABEMA TIMES

    01月18日 09:12

  5. 5

    「とにかく安くてラクに暮らせる」世界の若者が"東京に住みたい"と話す意外な理由

    PRESIDENT Online

    01月18日 16:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。