記事

イギリスの死者15万人超す 新型コロナウイルス

Getty Images ロンドンのセント・トマス病院の近くにある壁が、新型コロナウイルスのため亡くなった人を追悼する慰霊の場所になっている

新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、感染症COVID-19のためイギリスで亡くなった人が15万人を超えた。イギリス政府が8日、発表した。

英政府の統計によると、ウイルス検査で陽性が確認されてから28日以内にイギリス国内で亡くなった人数は、8日の時点で15万57人となった。8日に新たに確認された死者数は313人だった。

今月2日から8日までの7日間で、陽性確認から28日以内に亡くなった人は1271人。その前の7日間の352人から38.3%と増えており、感染から死に至る人数が増えつつある。

新型コロナウイルスによる死者が15万人を超える国は、アメリカ、ブラジル、インド、ロシア、メキシコ、ペルーに次いでイギリスが7番目となった。

イギリスで8日に確認された新規感染者は14万6390人。

イギリスでは昨年末までに、伝播(でんぱ)力の高いオミクロン変異株が感染の主流になっている。

ワクチンについては、12歳以上で接種対象となっている人口の90.3%が1回目の接種、82.8%が2回目、61.3%が3回目の接種を受けている。

この影響で、COVID-19による入院や死亡の人数は、過去の感染急増と比べると急増はしていない。ただし、感染者や濃厚接触者となった病院スタッフが欠勤を余儀なくされているため、各地の病院が人手不足で対応に苦慮している。

スコットランド自治政府は8日、COVID-19による入院患者の数は7日の時点で1362人と発表した。昨年12月31日の時点では897人だったため、1週間で50%以上増えたことになる。

イギリスは昨年1月末、欧州で初めてCOVID-19による死者が10万人以上となった。さらにその6週間後には、新たに2万5000人が死亡したが、その後はロックダウンとウイルス接種の推進によって、死者の増加は年末まで抑えられていた。

ボリス・ジョンソン英首相は、1人1人の死は「その人の友人や周りのコミュニティーにとって、すさまじい喪失」だとして、追悼の意を述べた。さらに、パンデミックによってイギリスは「ひどい打撃を受けた」と述べ、「このパンデミックから私たちが抜け出すには、全員が追加接種を受けるか、まだ受けていない人は1回目や2回目の接種を受けることだ」と、ワクチン接種を強く促した。

<関連記事>

政府の新型ウイルス対策を策定している非常時科学諮問委員会(SAGE)の委員、アンドリュー・ヘイワード教授は、15万人という死者数は「ひどい悲劇だ」とBBCラジオに話した。

「我々はもっと上手に対応できたはずだ。感染の第1波や第2波の時点でもっと素早く対応していれば、多くの死が防げたはずだ。それだけにいっそう悲劇的だ」

<関連記事>

最大野党・労働党の党首、サー・キア・スターマーは死者15万人について「この国にとって暗い一里塚だ」として、「誰かを失った全員のことを思っているし、ワクチン接種を支援する全員に感謝する」とツイート。「(政府の感染対策に関する)公開調査が答えを導き出し、そこから教訓が確実に得られるようにしなくてはならない」と強調した。

ジョンソン首相は昨年5月、2022年春にも、政府の新型コロナウイルス対策について独立調査委員会を立ち上げると発表している。

遺族団体「正義を求めるCOVID-19遺族」の共同創設者、ジョー・グッドマンさんは、「なぜこの国が世界でも特に高い死者数に見舞われてしまったのか、私たちは答えが必要だ」と呼びかけた。

グッドマンさんはさらに、「オミクロン変異株による死者数の急増が続くのに、見るからにほとんど何の対応もとられていない現状では、その必要性は緊急性を増している。公開調査は一刻でも始めなくてはならない」と強調した。

ジョンソン首相は、現在の感染拡大で国民保健サービス(NHS)の医療機関は「一時的に逼迫(ひっぱく)」するかもしれないが、イングランドで規制をこれ以上強化しなくても、現在の感染の波を「乗り切れる」よう期待すると方針を示している。

イングランドは現在いわゆる「プランB」の感染対策が実施されている。これには屋内の公共施設の大半でマスクの着用が義務付けられるほか、一部の大規模会場への入場にはワクチン接種証明などの提示が必要となっている。また可能な限り、在宅勤務が推奨されている。

4回目接種はまだ不要と

イギリス政府の諮問機関「ワクチン・予防接種合同委員会(JCVI)」は7日、まだほとんどの人は4回目の接種は不要だと提言した。

これまでのデータでは、追加接種から3カ月後でも、65歳以上の人の約90%が入院を要するほどの重症化を免れるようだという。

このためJCVIは、4回目の接種よりもまず、国内で1回目、2回目、3回目の接種を徹底することが先決だと促している。

祖母と父が相次いで

オックスフォードシャーに住むカミラ・クラリッジさんは昨年2月、祖母をCOVID-19のため失った。しかも葬儀の夜になって、自分の父親もCOVID-19で危篤だと知らせを受けた。

「おばあちゃんを埋葬して、お葬式から帰宅したと思ったら、夜中の1時に電話で起こされて、(父との)最期のお別れについて考えておいてくださいと言われた」のだと、クラリッジさんは言う。

「ほんとうに悲惨でした。ICU(集中治療室)に入ると、人工呼吸器につながれた人が横たわるベッドがずらずらっと並んでいて……。あまりに管だらけで、どれが自分が父かも分からなかった」

「私たちのこの思いを、15万人もの人の家族が味わってきたなんて、想像するのも難しい」

<分析> ミシェル・ロバーツ、健康担当デジタル編集長

イギリスで新型コロナウイルスの死者が10万人を超えてから、1年近くがたった。そのほとんどは2回の波で、犠牲になった人たちだ。2020年の春にいきなり急増してから、秋と冬にかけてじわじわと一定して増え続けて、2021年になった。ワクチンが受けられるようになる前のことだ。

2020年12月8日に、当時90歳のマーガレット・キーナンさんが初めて新型コロナウイルスワクチンの接種を受け、歴史を作った。これを機にイギリスで全国的なワクチン接種事業が本格化した。

このパンデミックにおいてワクチンの開発と接種は、本当に大成功している。感染から重症化して死亡に至る連鎖が、ワクチンによって弱まっているからだ。しかしそれでも、死者が出るのは避けられない。

イギリスの死者数は現在15万人を超えた。各国の社会は決して、COVIDー19を無視できないのだと、今更のように念押しされた形だ。COVID-19は決してなくなってはいない。

(英語記事 Covid: UK records more than 150,000 deaths

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  4. 4

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。