記事

トヨタの脅威は「テスラよりソニー」

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

ソニーがEV(電気自動車)への参入を発表し、話題になっています。まだ、コンセプトカーを見本市で発表した段階ですが、個人的には大きな期待をしています。

ソニーという会社の強みは、異分野に参入して既存企業とは異なる価値を提供することで独自のポジションを確立できることです。

例えば、ソニー銀行、ソニー生命、ソニー損保のような金融グループは、本業のエレキの世界とは全くの別物です。参入当初は「あのソニーが金融?」とブランドイメージに違和感すら感じましたが、今やそれぞれの業界内で独自のマーケットを開拓しました。

今回のソニーのEVにも、従来の自動車メーカーにない発想があります。それは、既存メーカーとは真逆の価値の提供です。

トヨタをはじめとする既存自動車メーカーは、車を運転する喜びや楽しみを強調します。

「Be a driver」「Fun to drive」などの自動車会社のコピーには、車を運転するものと考え、その喜びを伝えたいというメッセージが込められています。

これに対し、ソニーは車内をエンターテイメントによって、快適な空間にすることを目指しています。

運転を楽しむのではなく、むしろ忘れてしまえるような空間を提供する。スポーツカーの発想ではなく、運転手付きのロールスロイスに乗るような感覚です。

また、今回のEVは、金融業への参入に比べれば遥かに違和感がありません。センサー技術や音響・映像といった分野はソニーの基幹技術であり、それらを活用できる強みを持っています。

テスラも異業種から参入し、市場から高い評価を受けていますが、今まで製造された車は、既存の自動車の価値の延長線上にあります。ソニーのEVは、車というものの存在価値を根本から変えるかもしれないという期待があります。

自前の技術をベースに斬新な価値観を組み合わせ、既存の自動車の概念を破壊する。革新的なソニーEVが市販車として発表されるのを、今からワクワクして待っています。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年1月7日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    PCR検査の不都合な真実に触れた吉村洋文大阪府知事

    自由人

    01月27日 14:52

  2. 2

    TV放送が物議 ラノベ作家の平均年収は「8085万円」? → ラノベ編集者に聞いてみたら……

    キャリコネニュース

    01月27日 20:29

  3. 3

    頑なより柔軟に、岸田首相は批判を恐れず「朝令暮改」を貫け

    田原総一朗

    01月27日 14:29

  4. 4

    中国工作員、米英豪に浸透か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    01月27日 14:48

  5. 5

    ローカル局の「県単位放送」見直しへ。明治以来の都道府県行政のあり方を問うべき時

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月27日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。