記事

「子ども家庭庁」は最悪なネーミング…親の無理心中に巻き込まれる子どもが減らないワケ

1/2

「自民党内の保守派に配慮した」という報道も

子ども政策の司令塔として2023年に新設予定の「こども庁」が、ここにきて急に「こども家庭庁」へと名称が変わった。

この議論の座長を務めた加藤勝信衆議院議員によれば、「子どもは家庭を基盤に成長する。家庭の子育てを支えることは子どもの健やかな成長を保障するのに不可欠」と判断したということだが、それはあくまで建前で、実際は自民党内の伝統的家族観を重視する保守派に配慮したからだという報道もある。こっちの説明の方が、個人的にはしっくりときている。

岸田内閣の閣僚も多く加盟している「日本会議国会議員懇談会」と「神道政治連盟(神政連)国会議員懇談会」に名を冠す2つの保守系団体は、夫婦別姓、LGBT法案などとともに「こども庁」に対して後ろ向きだ。

床に座っている子供※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Favor_of_God

「家族の価値」を守るために「家庭」をねじ込む

それがよくわかるのが、神政連の機関紙「意」。ここでは最近、「静かなる有事」という特集が組まれ、今回の子ども庁議論にも影響を与えたと報じられる、モラロジー道徳教育財団道徳科学研究所の高橋史朗氏が《『子ども庁』議論の問題点》を寄稿、以下のような提言をされている。

《国連の委員会に働きかけて対日勧告を出させ、「こども庁」創設、「子ども基本法」制定を企てている人たちの背後で暗躍する「新しい全体主義」者たちの巧妙な文化革命戦略に騙されてはならない》(意 No.215 18ページ)

本稿によれば、「新しい全体主義」とは、フェミニストがつくりだしたジェンダーイデオロギーに基づく「グローバル性革命」だという。これが国連のロビイングで世界に広まって、健全な社会を可能にする「家族の価値」が奪われている、と高橋氏は警鐘を鳴らしておられるのだ。

このような考えの保守系団体から選挙支援を受ける自民党保守系政治家からすれば、「こども庁」創設を白紙にできなかったら、次に目指すべきは「家族の価値」を最大限守ることだ。そこで強引であっても名称に「家庭」をねじ込んだ……と考えればすべてつじつまが合う。

日本の子どもの精神的幸福度は38カ国中37位

そのように「子ども家庭庁」という、とってつけた感の強い役所名からは、さまざまなオトナの事情が垣間見えるわけだが、では当事者である子どもからすれば、この新名称はどうかというと、「最悪」の一言に尽きる。

日本の子どもたちを100年以上前から苦しめ、時に命まで奪ってきた「子どもは親の所有物なので、第三者が勝手に引き離してはならぬ」という不文律が、これまで以上に強まってしまう恐れがあるからだ。

「日本ほど子どもが大事にされて幸せな国はないし、そんな不文律はない! デタラメを言うな!」と怒りに震える方もいらっしゃると思うが、ユニセフが調べたところ、日本の子どもの精神的幸福度(生活満足度、自殺率)では38カ国中37位(ユニセフ報告書「レポートカード16」先進国の子どもの幸福度をランキング 日本の子どもに関する結果)。

また、そんな国際比較に頼らなくとも、親に虐待され、時に殺される子どもたちが、なぜそのような苦境へ追いつめられていったかという原因を客観的に振り返れば、「子どもは親の所有物」という現実があることは明らかだ。

日本の児童虐待の相談件数は30年間右肩上がりで増え続け、2020年度にはついに20万件を突破。そして当然その中には、親のすさまじい暴力の果てに命を落とすだけではなく、生きることを諦めた親の巻き添いで殺される児童も一定数いる。

第9回児童虐待防止対策に関する関係府省庁連絡会議幹事会に提出された資料によれば、2003年から2016年まで、727人の子どもが虐待で命を奪われ、514人が「心中による虐待死」で亡くなった。14年間で1241人の子どもが、親から所有物のような扱いを受けて、その短い生涯を終えているのだ。

親からの暴力も愛があれば「しつけ」になる

もちろん、児童虐待は世界中で見られる普遍的な現象なので、日本よりも深刻な児童虐待被害の国もあれば、そうではない国もある。親に殺される子どもの数も桁が違う国もある。

ただ、日本の「虐待で殺される児童」には大きな特徴がある。どんなに本人が「助けて」と訴えても、行政が虐待の事実が確認しても、「やっぱりパパとママと一緒がいいよね」と家庭に送り返して、命を奪われているという点だ。

「子どもの人権」を重視する国では、親が子どもに手を上げただけでも問答無用で逮捕される。行政が虐待の事実を把握しても、親と子どもを躊躇なく引き離すのも一般的だ。しかし、日本では親が子どもをボコボコに殴っても「愛があるので」の一言で「しつけ」になる。

また、行政が虐待の兆候を確認しても、親がちょっとでも後悔や反省の素振りを見せれば、子どもを保護しない。親と子どもを引き離すことを極力避けて、家庭内で児童虐待を解決させようとするのだ。

虐待する継父の元に引き渡された女児

その最たる例が2018年3月、東京・目黒区で5歳女児が両親からすさまじい虐待を受けて亡くなった事件である。

「もうおねがいゆるしてゆるしてください おねがいします ほんとうにもうおなじことしません ゆるして」

亡くなる前、そんな反省文を書かされていたこの女児は香川県で暮らしていた時から、母の再婚相手である継父から「しつけ」の名目で暴力を受けていた。しかもその事実は、児童相談所もしっかりと把握していた。

深夜に裸足で外を歩いているところを保護された時、女児は「パパにたたかれた」と説明した。医療センターで唇、両膝、腹部などいたるところに傷やアザが確認された時も、女児は「パパ、ママいらん」と泣いた。海外なら即座に保護され、継父は刑務所送りになるケースだが、児童相談所は女児を、加害者である継父と、それを傍観した母親に引き渡して、いずれも書類送検のみで不起訴となっている。

香川で「不問」にされた継父の虐待は、東京へ引っ越してからさらにエスカレートしていく。ダイエットを強要し、時に冷水をぶっかけ、先ほどのような反省文を書かせて、食事を与えないなど心身ともに追いつめたが、東京の児相も香川と似たような対応だった。

あわせて読みたい

「子どもの権利」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  4. 4

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。