記事

トヨタ自動車、社外取締役人選の妙味(さすが、というしか・・・)

「第1トヨタ」「第2トヨタ」等の新ユニットの開発もさることながら、トヨタ自動車さん初の社外取締役を導入、とのニュースにとても関心を持ちました(こちらのニュースが詳しいかと)。

トヨタクラスの企業は、(江頭教授が先日のご講演でお話されていたことからの理解ですが)大口の非安定株主からの圧力が常時ありますので、社外取締役の導入にはあまり抵抗はないはずであり、また最近では海外での大規模紛争にも巻き込まれるリスクが高まっているわけですから、「開かれた経営」は普通の政策的判断ではないかと思われます。とくに会社法改正で話題となりました「社外取締役制度導入論(強制導入)」とはあまり関係はないものと思います。もしあるとすれば、売上2000億円以上の規模の企業で一人も社外取締役がいないところへの心理的な圧力くらいでしょうか。

むしろ私が驚きましたのは、その(候補者の)人選であります。概ね、社外取締役採用の意義というのは、①経営陣に対する外部者からの有用な意見、②外部に対する経営の透明性による規律の確保、そして③一般株主の利益保護(一般株主の利益の代弁者)というところに求められるのが通説であります。今回のトヨタ自動車さんの3名の社外取締役候補者の方々は、このそれぞれの趣旨を併せ実現するにふさわしいものになっております(どなたがこのような人選をされたのでしょうか?)

不肖、私も来週の定時株主総会により、皆様もよくご存じの上場会社の社外取締役に就任する予定でありますが(もちろん株主総会でご承認いただくことが前提でありますが)、社外取締役の導入は企業価値向上のための目的ではなく、あくまでも手段にすぎないということを肝に銘じております。社外取締役が企業のパフォーマンスを上げることのために何ができるかが最大の問題であります。このトヨタ自動車の社外取締役候補者の方々も、どのような形でパフォーマンス向上に参画されていくのか、今後のトヨタのガバナンスモデルを学ぶ上でもたいへん興味がございます。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  7. 7

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  8. 8

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  9. 9

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。