記事
  • 女性自身
  • 2022年01月03日 14:02 (配信日時 01月03日 11:00)

『相棒』元日SPのデモ隊描写に物議…脚本家も「存在しないシーン」とブログで異議

昨年1月中旬、『相棒』のロケに励む水谷と反町

《今、苦しい立場で闘っておられる方々を傷つけたのではないかと思うと、とても申し訳なく思います。どのような場においても、社会の中で声を上げていく人々に冷笑や揶揄の目が向けられないようにと願います》

自身のブログにこうつづったのは、1月1日に放送されたドラマ『相棒 season20』(テレビ朝日系)のスペシャル版『二人』で脚本を手がけた太田愛氏。太田氏がブログで唱えた“異議“に注目が集まっている。

問題となっているのは、同回での主人公の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が捜査の一環で、駅の売店を運営する企業『デイリーハピネス』の本社に向かうシークエンス。2人が同社を出たところ、「非正規差別NG」と書かれたビラやプラカードを持つ、ピンク色の鉢巻を巻いたデモ隊が待ち構えている。

すると1人の女性が右京たちに“デイリーハピネス社の劣悪な労働環境”について唐突に話し始め、興奮気味に「同社で働く人の多くが非正規雇用で賃金は安く、15年以上働いても退職金がゼロ」と説明。さらに、デモ隊は裁判で同社を訴えることを明かした。突然の出来事に戸惑う右京たちだったが、女性らは2人を囲むと『格差をなくせ!』と拡声器を使ってシュプレヒコール。そして、右京たちは逃げるようにその場を去った。

しかし、太田氏は一連のシーンに異論を唱えた。ブログで《プラカードを掲げた人々に取り囲まれるというシーンは脚本では存在しませんでした。デイリーハピネス本社の男性平社員二名が、駅売店の店員さんたちが裁判に訴えた経緯を、思いを込めて語るシーンでした》と明かし、こう訂正した。

《非正規社員というだけで、正社員と同じ仕事をしても基本給は低いまま、退職金もゼロ。しかも店員の大半が非正規社員という状況の中、子会社の平社員達も、裁判に踏み切った店舗のおばさんたちに肩入れし、大いに応援しているという場面でした》

さらに太田氏は当事者の声を聞いたりいくつものルポを読んだりして同シーンを書き上げたといい、《訴訟を起こした当事者である非正規の店舗のおばさんたちが、あのようにいきり立ったヒステリックな人々として描かれるとは思ってもいませんでした》とし、冒頭のように“願い”をつづった。

Twitterでは「右京の発言と乖離していた」という指摘も

思いを込めて書き上げたシーンを、意に沿わない形で再現されたと明かした太田氏。その行動に、ネットでは《ドラマで描かれた内容は残念なことだったのですが、一方で「相棒」の脚本を書いている方はこんなことを考えながら執筆されている方なんだと知れて、私はうれしくなりました》《相棒の例の部分の演出には私も大いに幻滅したが、それに対し早急にコメントを出した作家太田愛さんの株は寧ろ上がったな》と称える声が上がっている。

また同回の終盤では、右京が「低賃金で働く労働者にも大事な家族や生活がある」「12歳の少年が何もかも受け入れて、諦めて、この世は自己責任だと言う。困ったときに、助けを求めることすら恥ずかしいことだと思い込まされている。それが豊かな国と言えるでしょうか。公正な社会と言えるでしょうか」と政治家に熱を込めて説くシーンがあった。

そんな労働者や社会的弱者を想うメッセージのいっぽうで、デモ隊は“ひたすら騒々しい人々”として描かれていた。そのことについて「ストーリーの整合性が取れていないのでは」と違和感を覚えた人も多くいた様子。Twitterには制作陣への批判がこう上がっている。

《元日の「相棒」見た。非正規の人達のデモをヒステリックに描くの、全体のテーマからも右京さんの最後の台詞からも確かに整合性が取れてない》
《太田愛さんの脚本無視の件、問題提起等を置いといても、元通りの方が作品として整合性が取れた気がします。『貧しくとも虐げられようとも矜持を持って生きている市井の人々』を描写して、それに共感できてこそ、ラストも活きる。キャラも物語も良いのに勿体ない》
《後半の右京氏の言葉を考えると確かにデモのシーンは太田氏の脚本通りにした方が良かった》

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  3. 3

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。