記事

箱根駅伝の優勝本命「男だろ!」が物議の駒大・大八木監督、"秘伝のデータ"をささやき選手伸ばす知られざる側面

1/2

箱根駅伝はどの大学が優勝するのか。本命視されるのは前回総合優勝し「令和の常勝軍団」を目指す駒澤大学。1995年から指揮を執る大八木弘明監督は以前、選手に丸刈りを強制し「バカ、やめちまえ」と尻を叩いたが、今はソフト路線。スポーツライターの酒井政人さんは「豪快なキャラに見られがちですが、練習時に0.5秒単位のラップタイムにもこだわる繊細で合理的なデータ主義の指導者です」という――。

大八木弘明監督
写真=時事通信フォト

箱根駅伝の優勝候補・駒澤大学、大八木監督の「知られざる側面」

「男だろ!」

前を走る選手を後方の車から鼓舞するその力強い声が沿道に響く……。もはや箱根駅伝名物と言ってもいいだろう。日焼けした肌に、鋭い眼光。還暦をすぎてなお、ギラギラしたものを放っている。

駒澤大・大八木弘明監督(63)。

多くの読者は、「体育会体質の昭和の人」だと感じているだろう。筆者も最初はそう思っていた。でも違った。実際は逆で、非常に緻密で繊細でインテリジェントな人だったのだ。

指導者としてはこれまで、出雲・全日本・箱根の学生3大駅伝でチームを最多「24」の優勝に導くなど「超一流」の実績を誇る。では、自身の選手時代はどうだったのか。聞けば、これがかなりの苦労をしたようだ。

「辛酸をなめた経験が現在の指導スタイルの“源”になっていますね」

若き日の大八木弘明、その苦労

福島県出身の大八木監督は中学3年時にジュニア選手権(現在のジュニアオリンピック)の3000mで5位に入ったが、会津工業高では故障と貧血で思うような活躍はできなかった。

さらに家庭の事情により大学進学を諦めざるをえず、高校卒業後は小森印刷(現・小森コーポレーション)に就職。そこで競技を続けることになった。

当時は競技面で優遇される現在の実業団とはまったく異なる。

大八木監督は「部品管理」を任されており、主にラインに決められた部品を運ぶのが仕事だった。季節によって使える時間帯は変わるものの、就業中の練習時間は1~2時間しかない。その後はまた通常業務に戻り、残業もこなして、帰宅は22時ごろになることも多かったという。フルタイム勤務に近いかたちのなかで、ガムシャラに練習を続けた。そのなかで競技力をあげていくと、高校時代に抱いていた“夢”が大きくなっていった。

「やはり箱根駅伝への憧れがありましたね。福島県内の同学年でも大学に進学して箱根を走った選手もいました。だから箱根を走ってみたいなという気持ちと、大学に行くなら強くなってから進学しようという考えがあったんです。なぜかというと、自分ひとりでやれるものを身に付けてから行けば、監督を頼りにしなくても結果を残せると思ったからです。また将来は指導者になりたいなという気持ちもありました」

駒澤大学駅伝部のHP
画像=駒澤大学駅伝部のHPより

大八木監督が駒澤大学経済学部2部(夜間部)に入学したのは24歳。「勤労学生」として川崎市役所で働きながら夢を追いかけた。川崎市役所の出社は朝8時半。16時半に退社して、夜は大学に通った。一体、いつトレーニングをしていたのか。

「朝練習はやったりやらなかったりでしたけど、昼休みにやっていましたね。12時から8kmくらい走って、すぐに昼食を食べて、13時から仕事をしていました。夕方は授業までの間に1時間半くらいは練習できたんです。職場近くに東急のグラウンドがあったので、そこでよく練習をさせてもらっていました。かなり集中してやっていましたね。平日はスピード練習が中心で仕事のない土日に時間のかかる距離走。そういうパターンを自分で確立してやっていました」

そのなかで箱根駅伝は1年時(84年)に5区で区間賞、2年時は2区で区間5位、3年時に2区で区間賞。4年時は年齢制限(当時は27歳以下)のため出場できず、伴走のジープに乗り込み、選手たちを鼓舞している。

「練習後は、バイクで丸子橋を渡って大学まで行くと20分もかからない。とにかく時間が限られているので、自分で細かくスケジュールを立ててやっていました。分刻みで、毎日かけずりまわっている感じでした。昔から逆算しながら自分で計画を立てて動いていたので、その経験が今の指導にも生きていますね。スケジュールがパンッと当たると、結果も出るんです。ただ、あんなことを今やれと言われてもやりたくないよ。無我夢中で箱根を目指したし、指導者にもなりたかった。当時は『絶対にやるんだ』という気持ちだったのでできたんだと思います」

現在、箱根駅伝を本気で目指しているチームでアルバイトをしている選手はまずいないし、授業料免除の選手も少なくない。興味深いのは、大八木監督は当時の苦労話を選手たちにあまりしていないことだ。

「今の選手は想像できないですよ。ぽかんとなっちゃうから(笑)」

これだけ多忙なスケジュールは決して「気合」や「根性」だけでは乗り切れない。緻密な計画と、自己管理があったからこそなせる業だ。

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。