記事
  • Sozen
  • 2022年01月01日 17:17

軟調が見込まれる2022年の原油相場

瑞祥新春、読者諸氏には2022年が実り多い1年となることを祈念いたします。

原油相場は8営業日振りの反落で2021年の取引を終えました。前年末から$26.69/bbl上昇しています。
12月31日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.78安の$75.21/bblで、引け後の時間外取引は$75/bbl台半ばです。

2021年の原油相場上昇は、2020年第3四半期から2021年第4四半期まで続いた世界の石油需給バランスの供給不足を背景としています。

2020年初めのコロナショックによる需要喪失に対応して OPEC+ が歴史的減産に踏み切り、その後の減産幅の縮小のペースも協調により抑制されています。

[画像をブログで見る]

しかし、EIA や OPEC などは2022年に入ると需給バランスが均衡から若干の供給過剰になると予測しています。

需給均衡を反映した WTI の値位置は$60/bbl前後と考えられますが、長期的な温暖化ガス排出削減に伴う投資の減退で供給にはブレーキがかかるため、下値には一定の制限が見込まれます。

とはいえ、需給逼迫時の価格帯が需給均衡しても維持できる公算は低く、また、コロナ禍が2022年中に終息しない可能性もあることから前年に比べると軟調な動きになると考えるのが自然でしょう。

2021/12/31
NYMEX WTI Feb: $75.21/bbl ( -1.78 )
20日移動平均: $73.65 ( +0.16 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $79.09/ -2σ: $68.22
 幅: $10.86 ( -0.73 ) / 100日平均: $11.14
ボラティリティ
 34.57 ( +1.63 ) / 100日平均: 33.52

あわせて読みたい

「原油相場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  4. 4

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。