記事

【配膳ロボ】、バーガーチェーンもロボの手も借りたい!和牛バーガーもロボットが運ぶ?



■アメリカの流通業界ではロボットの導入が著しい。変異ウイルスのオミクロン株が広がり、感染拡大の影響が長引く中、レストラン業界でも深刻な人手不足からロボットを導入する事例が増えつつある。

飲食店は給仕スタッフとして配膳ロボットを雇用するようになっているのだ。レストラン内のロボットは厨房とホールを往復しながら、料理を運んだり使用済みの食器をキッチンにまで戻す自律走行型となる。

見た目は高さが1メートル程度の移動式の本棚のようで、幾つかの棚となるトレーにタッチスクリーン、そしてセンサーやカメラが搭載されている。

レストランロボットはレーザー光を用いたリモートセンシング技術である「ライダー(LiDAR)」を使いながら、人や障害物を避けながら移動するのだ。

ロボットによっては挨拶をしたり、ジョークを言ったり、バースデーソングを歌ったりもする。

東海岸を中心に120店近くのハンバーガーチェーンを展開するバーガーファイ(BurgerFi)は16日、フロリダ州ジュピター地区にあるファストカジュアルレストランにリッチテック・ロボティクス(Richtech Robotics)の給仕ロボットを導入したことを発表した。

「パティ・ザ・ロボット」のニックネームで呼ばれるロボットが、同店で人気のスパイシー和牛バーガーなどのメニューをテーブルまで運ぶのだ。

クイックサービスでは初の導入となる給仕ロボットはあくまでもテスト展開であり、ウエイターやウエイトレスの代替ではなく、レストランオペレーションの効率を図ったもの。

バーガーファイでは今年、新規出店で30店舗を予定していたが人手が集まらず18店舗の出店にとどまっている。リッチテックの給仕ロボを当用することで出店を加速させたいのだ。

 リッチテック・ロボティクスの給仕ロボットは、北カリフォルニアのストックトン地区にある地中海シーフード・レストラン「シュガー・メディテレニアン・ビストロ(Sugar Mediterranean Bistro)」でも採用している。

4つの棚をもつ「メトラディ(Metradee)」の使い方は料理を置いた後、タッチスクリーンでテーブル番号を入力するだけ。

テーブルに到着すると一緒に同行したスタッフが料理を配膳する。もしくはお客が飲み物などをセルフサービスでロボットから取ることになる。

食事の終わったテーブルでは、スタッフが使用済みの食器をロボットの棚に置き、キッチンにまで運ばせることになる。

テキサス州マッキニー地区にあるレストラン「レイヤード(Layered)」も人手不足から屋内用のデリバリーロボット「ベラボット(Bellabot)」を導入。

ピューデュー・ロボティクス(Pudu Robotics)が開発したネコ型配膳ロボットのベラボットは高さ1.2メートルで3Dカメラやセンサー等によって障害物や人とのすれ違いも避けることが可能な自律走行型ロボットだ。

耳の形をした頭の部分がタッチセンサーとなり、AIを駆使しネコの表情を多彩に見せる。4段のトレーで最大40キログラムまで積載可能なベラボットも配膳や下げ膳で活躍しながら、英語や日本語など多言語によるボイスコマンドも可能なのだ。

バーのあるレイヤードでもウエイターやウエイトレスの代替ではなく、あくまでも補助役にベラボットを採用したのだ。

フロリダ州マイアミ郊外ケンドール地区にあるキューバン・レストランの「サルジオ・レストラン(Sergio's Resaturant)」でもベアロボティクス(Bear Robotics)の給仕ロボット「アストロ(Astro:Automatic Service Tray Removal Organizer)」を採用している。

フロリダ州ハリウッド地区にあるシーフードレストラン「ミスターQクラブ・ハウス(Mr.Q Crab House)」でも人手不足を理由に3万ドル(約330万円)かけて配膳ロボット3台採用している。

フルサービスのレストランではキッチンスタッフがアストロに料理を載せ、無線でホールスタッフに準備ができたことを伝える。お客と挨拶を交わし談笑しつつホールスタッフがロボットの到着を確認した後、そのテーブルに行き配膳するのだ。

 レストランオーナーによると今は時給を上げて募集してもなかなか採用に結びつかないというのだ。

オミクロン株による感染が広がるアメリカでは直接、人と接するウエイターやウエイトレスの仕事に抵抗を示す人は少なくはない。

急拡大する感染に雇用状況を見ながら給仕ロボットを採用する飲食店が増えてくることになるのだ。

トップ動画:バーガーファイに導入された給仕ロボのパティ・ザ・バーガー。人手不足からファストカジュアルのバーガーチェーンもロボットを導入しているのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。クイズです。しゃぶしゃぶ、豆腐、枝豆、わさび、刺し身、ラーメン、蕎麦、味噌、酒、抹茶、和牛、昆布茶、焼き肉、おまかせ、旨味の言葉に共通することは何でしょうか?

答えはすべて英語になっているということ。一昔前はテリヤキに寿司、天ぷらぐらいでしたが、いまや日本の食文化はアメリカに広く深く入り込んでいます。国民食となった寿司など、一国の食文化がここまでアメリカに入り込んでいる事例は他にはありません。

しかも今後も増える見込み。なぜなら日本食はヘルシーというイメージが強くあるからです。肥満大国のアメリカからみれば日本人の体型はメタボ気味な人でも細い。健康の源は食にあると思っているからです。またコロナ禍でさらに健康的なイメージが強くなると思っています。

なぜなら日本は人口密度が高いにもかかわらず、コロナがほとんど広がっていないからです。ラーメンをすすり始めたミレニアム世代ですが、学校に行けなかったZ世代はいずれ納豆もたべるようになると思います(笑)。

 エントリー記事で残念なのは給仕ロボットが日本製ではないこと。いつか納豆を受け取ったZ世代が「ドモアリガトウ、ミスター・ロボット♪」っていう時代が来る日をのぞみたいです。

あわせて読みたい

「ロボット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  2. 2

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  5. 5

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。