記事

借りたお金を返さなくても許される「第3の方法」

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

日本経済新聞電子版によれば、IMF(国際通貨基金)の試算で、日本の政府債務のGDP比は2021年時点で256.9%。これは、新興国を含めてた世界187カ国で最悪の水準です。

政府債務を返済する方法は3つしかありません。

そのうちの、財政支出を減らす、増税による税収を増やすという2つの方法は、もう選択肢にはなり得ないと思います。

財政支出は、政権の目先の人気取りには最も効果的です。お金をバラまいてもらうのが嫌だという人はほとんどいないからです。給付金の支給にしても、どのような方法にすべきかや、誰を対象にすべきかという議論は激しく行われていますが、「そもそも給付金を出すべきなのか」という議論はほとんどありません。

生活困難者が政府のサポートを必要としていることは事実ですが、財政赤字の拡大によるマイナス面の検証を行った上で判断すべきことです。

増税による税収アップも正面から進めることはできません。景気への悪影響や内閣支持率に対するマイナスの影響があるからです。

所得税の控除枠を減らしたり、社会保障費用の負担を高める「隠れ増税」は行われていますが、限界があります。

となると、残りの選択肢は3つ目の「インフレ」しかありません。法定通貨価値が下落することで、政府債務を実質的に圧縮する方法です。

今や「インフレになるかならないか」を議論するレベルではなく「インフレにいつ、どのくらいなるのか」という前提で、これからの資産運用を考えるべき時期に来ています。

私が主宰するインナーサークル投資家コミュニティ「資産設計実践会」でも、その対策について具体的な情報をシェアし、行動を開始しています。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年12月29日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  2. 2

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  5. 5

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。