記事

旧弊を打破しなければ、日本は「デジタル通貨」に取り残される - 野口悠紀雄

1/2

人民元(左)のデジタル化が進み、いずれドル(右)も――日本はいかに?

フォーサイト連載『新・マネーの魔術史:未来篇』(2019年9月~2021年1月)を『CBDC 中央銀行デジタル通貨の衝撃』として11月に刊行した野口悠紀雄さんが、CBDCを巡る最新情勢と日本への危機感について語る。

「ゼロコスト」でなければ意味がない

 11月25日、『日本経済新聞』の1面に「デジタル通貨で企業決済」という記事が出ました。大手銀行やNTTグループなど74社・団体が参加する企業連合が、2022年後半にもデジタル通貨(「DCJPY」)を実用化すると発表した、というものです。

野口さんの新刊『CBDC 中央銀行デジタル通貨の衝撃』(小社刊)

 この動きについては『CBDC 中央銀行デジタル通貨の衝撃』の中でも「3メガバンクやNTTグループなどが組んで、2022年にもデジタル通貨の共通基盤を実用化する」と触れています。

 今後構築される中央銀行デジタル通貨(CBDC)のシステムは、中央銀行と民間銀行による決済システムの二層構造になります。ですから今回報じられた試みは、その中間段階を形成するものになると思います。これが発展して日本のCBDCになっていくという可能性は十分にあると思います。

 しかし、この記事に書かれていることが、そのままCBDCに引き継がれるのだとしたら、たいへんな問題です。

 記事の中ではしきりに「低コスト」を謳っていますが、これでは困る。「ゼロコスト」でないといけない。

 記事には、「銀行間で送金する際のベース手数料は1件当たり62円」「LITA(編集部注:ブロックチェーン技術を搭載した送金プラットフォーム)は『10~20円を実現できる』という」とありますが、10円でもダメ。ゼロでないと意味がない。

「通貨」に手数料を払えますか?

 中国のアリペイやウィーチャットペイといった電子マネーが、ほとんどゼロに近い手数料を実現していることから見ても、近々デビューすると見られるデジタル人民元の手数料はゼロになる可能性は極めて高い。カンボジアで発行されているCBDC「バコン」も手数料は無料です。

 中央銀行のデジタル通貨なのですから、手数料はゼロでなければならない。紙幣を使う際に利用料は払っていないのですから当然です。デジタルになったとたんに手数料が発生すると言われて、だれが納得しますか? そんな通貨はだれも使いません。

 そもそもこの記事では、企業が支払う電力料金の決済をデジタル通貨に置き換えることからスタートさせる、とあるのですが、電力売買になぜ限定するのかがわからないですね。それでは通貨の役割を果たしません。

 通貨というのは、誰でもどこでも使えるから通貨なのです。最も通貨に求められるのはネットワーク効果です。

 ネットワーク効果というのは、いろいろな担い手が受け取ってくれるということであり、それによって、利用度や便利さが増すことです。誰もが受け取れる通貨でないと、通貨としての意味をなしません。

 もちろん、この記事だけで日本のCBDC政策を批判するのは早計です。

 記事だけでは日銀との関係を見出すことはできませんし、ここに記されたシステムが中間層の役割を果たすというのであれば、分からなくもない。

 ただ、今回の動きは、あくまでもテストとしては意味があるけれども、ネットワーク効果を発揮できていない、コストゼロとなっていないという2つの点では意味がないと思います。

FRB人事で読む「デジタルドル」の加速

 世界で最も注目されているのが、アメリカの「デジタルドル」です。

 アメリカは今年の夏にもCBDCに関するレポートを出すと言っていましたが、今に至るまで出ていません。

 これはFRB(米連邦準備制度理事会)内で賛成派と反対派が激しく対立していたからだと思われますが、11月にジェローム・パウエル議長の再任が発表され、ラエル・ブレイナード理事が次期副議長になりました。これでFRBのCBDC政策は加速するはずです。

 ブレイナード理事は強力なCBDC推進論者だからです。これは、今後の世界のCBDCの動きを見極めるにおいて、たいへん重要なニュースだと思います。

中国、「一帯一路」の通貨圏

 一方中国ですが、こちらの「デジタル人民元」は一歩も二歩もリードしている。いつ実用化になっても不思議ではない。

 当初は、来年の北京冬季オリンピックまでに導入すると言っていました。ここで、実用化したデジタル人民元を世界に大宣伝する目論見がありました。しかし新型コロナにより外国人の観客が来ないことになりました。

 その上、アメリカがオリンピックを外交的にボイコットすると言い出したこともあって、CBDC宣伝のチャンスとしてのオリンピックの意味は薄れてしまいました。その意味では、実用化が少し延びる可能性はありますが、技術的には、もういつ実用化されてもおかしくない状態です。

 それでは、実用化されたらどうなるか。

「デジタル人民元」に限らず、CBDCのシステムに国境はありません。 それを中国人民銀行(中央銀行)がどこまで認めるか――。これは分からない。

 ただ、「デジタル人民元」を積極的に使うことによって人民元の価値を高めようという考えがあるのは間違いなく、その舞台は、まずは「一帯一路」の地域になるでしょう。

 地域へのいろいろな援助と絡み合わせて、デジタル人民元を使わせていくということは十分考えられます。「一帯一路」を「デジタル人民元」の通貨圏にしていくのです。

資本流出が「デジタル人民元」最大の弱点

 しかし一方で、もし海外での利用を認めると、中国の富裕層が「デジタル人民元」を使って資産を海外に逃避させてしまうという恐れが出てきます。これは中国にとって非常に大きな問題です。

 特に現在の中国は、「共同富裕」という考えを打ち出して、いろいろな企業や富裕層に対し、(ほぼ強制的に)寄付を求める、という動きが出てきています。だから富裕層としては、資産を海外に移す必要性を非常に強く感じている。

 もし高額取引に「デジタル人民元」が使えて、海外に送金できるということになれば、それによって資本逃避が起こってしまう危険があるわけです。

 とはいえ、「デジタル人民元」は中国人民銀行の強い統制下にありますから、その目を搔い潜って高額取引することは至難の業です。中国当局としてみれば、むしろ監視しやすくなるのではないでしょうか。

 そう考えると、「デジタル人民元」が世界を牛耳るようになるか――というと、そう簡単にはならないというのが私の考えです。

「デジタル人民元」を「一帯一路」に普及させて人民元の価値を上げようとしても、それだけで世界の基軸通貨にはなり得ません。

 なぜなら、中国自体に信頼性がないからです。

 中国政府が、いつ、何をするかわからないという存在であり続ける以上、ある日突然、利用に制限が加わることも十分考えられるし、価値が下がることもあり得る。

 そういう意味では、人民元は信頼を得ていない。だからデジタル化しても基軸通貨になるのはありえないだろうというのが私の見方です。

あわせて読みたい

「通貨」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  2. 2

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

  5. 5

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。