記事

「真珠湾」攻撃80周年をフィリピン日系人の視点から再考する - 北田依利 / 歴史学

1/2

2021年12月8日で、日本軍の「真珠湾」攻撃から80周年になる。日本軍が攻撃した米軍の海軍基地は、19世紀末に米国が武力を行使して併合したハワイに存在していた。「真珠湾」をハワイの先住民・カナカマオリの人々はハワイ語(ʻŌlelo Hawaiʻi)で、「ワイモミ(真珠の水域)」または「プウロア(長い丘)」と呼ぶ。この場所を、植民地宗主国である米国の視点・言語を優先し、「真珠湾(パールハーバー)」と呼び続けることに疑問を投げかけるため、カギカッコを付けている。

1941年のこの日、日本軍は当時米領であったハワイの他に、グアムやフィリピン、イギリス領の香港、シンガポール、マレーシアなどを攻撃し、英米に宣戦布告した。この出来事は、すでに中国で始まっていたアジア・太平洋戦争(第二次世界大戦)を激化させ、欧米・日本帝国の本土の人々だけでなく、その植民地の人々をも巻き込んだ。また、当時米国などにコミュニティを築いていた日本人移民社会にも、強制収容という大きな打撃を与えた。

本稿は、第二次大戦前から米領フィリピンに存在していた日本人移民コミュニティ、とりわけ日本人の父親とフィリピン人の母親を持つ、フィリピン日系人の視点から、「12月8日」を検討することを目的としている。フィリピンの日本人移民コミュニティは、満州や朝鮮など、日本の植民地・占領地に存在した日本人コミュニティと同様に、戦争と引き揚げによって破壊されたが、フィリピン日系人家族の子どもと母親の多くはフィリピンに残り、独特の戦後を送ってきた(注1)。このフィリピン日系人の体験は、日本と米国という二つの祖国に挟まれた日系アメリカ人の経験と、欧米帝国や日本帝国によって植民地化された地域の人たちの経験が重なる、貴重な交差点ではないだろうか。

(注1)例えば、天野洋一『ダバオ国の末裔たち: フィリピン日系棄民』(名古屋:風媒社、1990年); 大野俊『ハポン: フィリピン日系人の長い戦後』(東京:第三書館、1991年); 司凍季『椰子の血: フィリピン・ダバオへ渡った日本人移民の栄華と落陽』(東京:原書房、2013年)。

米領フィリピンの日本人移民と日系フィリピン日系人家族

東南アジアの島嶼国家・フィリピンは、16世紀後半にスペインの、20世紀初頭には米国の植民地となり、そして1942年からは日本の占領を受けるという、複数の植民地化の経験を持つ国だ。日本が19世紀後半に開国して以降、沖縄・北海道・台湾など領土を拡大して帝国主義を発展させると、外交官・実業家・農民・セックスワーカーなど様々な職業の人々が南北アメリカ・ハワイ・サハリン・朝鮮半島などに移住、あるいは出稼ぎに出るようになった。フィリピンも、日本人の移民先の一つとなっていた。じじつ、戦前には植民地首都マニラに限らず、ルソン島北部のバギオ、ミンダナオ島のダバオなど、フィリピン中に日本人移民が家族・コミュニティを築き、自分たちの居住地を作っていた。こうした移民たちも日本の近代化や経済成長、帝国拡張を支えていた。

1900-40年代にかけて、フィリピン中に築かれた日本人移民コミュニティの中には、日本人の父親とフィリピン人の母親を持つ、フィリピン日系人家族が必ず存在していた。移民男性が現地の女性と家族を持つ、というのは特に珍しい現象ではなく、16世紀から20世紀まで、南北アメリカやフィリピンを含むアジア、アフリカなど広い地域で見られた。フィリピン人女性と結婚した日本人移民男性は、他の日本人と同様に、農業や建設業、商業などに従事し、日本人移民コミュニティの形成に重要な役割を果たした。かれらの妻であるフィリピン人女性もまた、フィリピンの日本人ビジネスの中心であった。

このフィリピン人の母親と混血の子どもたちは、日本人コミュニティの有力者や領事館からしばしば問題視されたが、それだけ注目を集めていたということでもある。この家族は日本人移民社会においても、そしてフィリピン社会においてもマイノリティであったが、日本人移民コミュニティと現地のフィリピン人コミュニティという二つの社会を繋ぐ、架け橋的な存在でもあった。

1941年12月8日、「真珠湾」攻撃の数時間後、日本海軍はバギオやアンヘレス(クラークフィールド)、ダバオなど、米領フィリピン内の複数の米軍基地を襲撃している。大日本帝国は、ワシントンDCのアメリカ連邦政府を脅かす目的でこうした地域を標的にしていた。しかし、バギオとダバオは、日本人移民がコミュニティを築いた場所でもあった。かれらの生活は、ハワイや米国本土に暮らしていた日系アメリカ人と同様に、アメリカ帝国と日本帝国の狭間にあった。

いっぽうで、フィリピン日系人家族を含むフィリピンの日本人移民の命運は、米国の日本人移民コミュニティとは随分違うものになった。そしてフィリピンの話はほとんど知られていない。日本軍による襲撃の後、フィリピンの日本人移民はすぐさまアメリカ人とフィリピン人によって収容された。1941年12月下旬、日本軍がフィリピンに到着し抑留された日本人を解放すると、かれらは日本軍を熱狂的に迎え入れた。翌年、大日本帝国によるフィリピンの占領が始まると、日本人移民コミュニティは日本帝国への忠誠・貢献を厭わなかったが、かれらの日常は戦争によって徐々に変わっていった。日本人移民男性やフィリピン日系人の息子たちが日本軍に現地徴収されるいっぽう、フィリピン日系人の中には米国・フィリピン側の軍隊で戦った息子たちもいた。日本人移民・フィリピン日系人女性たちも、看護師や地域の女性団体のメンバーとして戦争に動員されていった。

1945年の春、米国とフィリピンの連合軍隊が日本人移民の入植地に上陸し、激しい戦闘となると、日本人移民は日本兵とともに山間部に避難することを余儀なくされた。かれら民間人の死亡率は50%を超えるという、悲惨なものであった。さらに、フィリピンをめぐる日米帝国の衝突は、他の日本人移民以上に、フィリピン日系人家族に影響を与えた。

例えば、バギオの寺岡家は、アメリカとフィリピン、日本の3カ国に、家族を殺された。山口県出身の大工・寺岡宗雄とアントニーナ・バウティスタの夫妻は、1924年8月にマニラで結婚し、4人の息子と2人の娘に恵まれたが、戦争を生き延びたのは三男のカルロスと長女のマリエだけであった。母アントニーナと次女カタリーナ・四男エドワードは1945年の春、山間部に逃げる最中にアメリカ軍に殺された。長男のビクターはアメリカのタバコ(ラッキー・ストライク)を吸っていたという理由で日本の憲兵隊に殺され、次男のシクストは日本人の子どもだという理由でフィリピン人ゲリラに殺された。父・宗雄はすでに1941年8月に病気で亡くなっていたため、カルロスとマリエは孤児となった(注2)

(注2)冨田すみれ子「少年は戦争中、3カ国に家族を殺された。88歳になった今、伝えたいこと」BuzzFeed News, 2019年12月7日、https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/carlos-teraoka-japan-philippines; Patricia O. Afable, Japanese Pioneers in the Northern Philippine Highlands: A Centennial Tribute, 1903-2003 (Baguio: Filipino-Japanese Foundation of Northern Luzon, Inc., 2004), 231-234.

フィリピン日系人家族は、日本人社会からもフィリピン人社会からも排斥されるとともに、双方の社会から暴力の標的となった。戦争でその多くが亡くなり、また家族の死に直面した。

周知の通り、日本人移民の祖国・日本は戦争に負けた。第二次大戦後、連合国はアジア太平洋中の日本の元植民地・占領地における日本人住民を日本に強制送還した(引き揚げ)。こうして、フィリピンの日本人移民コミュニティは、戦中および戦後直後に、日本帝国とともに消滅した。ただし日系フィリピン人家族の場合、父親が送還される一方、母子の多くがフィリピンに留まり、家族は離散させられることになった。

あわせて読みたい

「真珠湾攻撃」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  2. 2

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  3. 3

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  4. 4

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  5. 5

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。