記事

毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

「武蔵野市住民投票条例案撤回求める」街頭演説後、毎日新聞の後藤由耶記者に強迫的、脅迫的取材を受けました。

次の活動予定があるので、「書面で」と依頼しましたが、執拗にカメラを向け追いすがりカメラが私の顔にぶつかる勢いに。

今回の取材手法について毎日新聞社に問い合わせたところ、公式回答は「通常の取材の範囲」と。

一般の方であればPTSDになるような恐怖を感じる取材なのですが。

このような脅迫的取材を「通常の取材の範囲」とする回答は、ジャーナリズム出身者として許容できません。

毎日新聞社はジャーナリズムではないと考えますので、今後、毎日新聞社の取材は未来永劫一切受けません。

たとえ公人としても今回の後藤由耶記者の脅迫的取材手法は全く許容できません。

これが「通常の取材の範囲」だと述べる新聞社が存在するとは。

皆さんはどう考えますか?

あわせて読みたい

「毎日新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

  3. 3

    回し蹴りに自殺未遂「なんそれ!」ではすまされないZAZYの壮絶すぎる生い立ち

    いいんちょ

    01月17日 11:55

  4. 4

    共産党に近づくことで信頼を失う立憲民主党 世論は選挙協力にも反対

    WEB第三文明

    01月17日 15:37

  5. 5

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。