記事

「野党合同ヒアリング」は見直す?見直さない?

立憲民主党の新しい執行部の進む方向性について、「反対ばかりの立憲民主党」というイメージを払拭するために、「野党合同ヒアリング」を見直すのか否かということが象徴的な事例として注目されています。

私は見直して良いという立場ですが、さらに言えば、実体的にはそんなに重要な論点だとは思えません。

というのは、政府の姿勢をしっかり確認し、監視する場としての国会を補完する形で、野党ヒアリングは行われてきたわけですが、同じような機能を発揮させるためには、例えば政務調査会傘下の各部会、調査会などを臨機応変に活用すれば、決してできないことではないからです。

問題の本質は、実効性のある形で、政府の行っていることをしっかり監視、チェックできるかということ。そうであれば、野党合同ヒアリングは見直しをしても、いろいろなやり方は考えられます。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

  3. 3

    回し蹴りに自殺未遂「なんそれ!」ではすまされないZAZYの壮絶すぎる生い立ち

    いいんちょ

    01月17日 11:55

  4. 4

    共産党に近づくことで信頼を失う立憲民主党 世論は選挙協力にも反対

    WEB第三文明

    01月17日 15:37

  5. 5

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。