記事

本当に「旧民主党の負の遺産」を克服できたのか…立憲民主党が参院選までにやるべきこと

1/2

立憲民主党の新代表が泉健太氏に決まった。フリージャーナリストの尾中香尚里さんは「泉氏に求められるのは、枝野幸男前代表が作り上げた『保守VSリベラル』の対立構図を守ることだ。これまでのように『解党的出直し』を繰り返してはいけない」という――。

立憲民主党の新代表に選出され、記者会見する泉健太氏=2021年11月30日、東京都港区 立憲民主党の新代表に選出され、記者会見する泉健太氏=2021年11月30日、東京都港区 - 時事通信フォト

泉健太新代表と「旧民主党の負の遺産」

立憲民主党の代表選が11月30日に行われ、枝野幸男前代表のもとで政調会長を務めた泉健太氏が、逢坂誠二元首相補佐官との決選投票の末に新代表に選ばれた。

新代表として初の記者会見では、泉氏に「旧民主党の負の遺産」に言及した質問が飛んだ。質問者は、枝野氏ら旧民主党政権の中核を担った顔ぶれが党の前面に立つことへの「マイナス」のイメージを強調したかったのだろうか。

なるほど、確かに筆者もこの代表選を「旧民主党の負の遺産を払拭できるか」という観点で見ていた。だが、それは「顔ぶれ」などという問題ではない。筆者が考える「旧民主党の負の遺産」とは、選挙での敗北や不祥事といった不都合があるたびに、トップの首を安易にすげ替え、それまでの積み上げをリセットし、結果として党の体力を削いできた党のあり方である。立憲民主党の代表選もその「負の遺産」を引き継いでしまうのか。筆者はそれを懸念していた。

代表選全般、そして泉新代表のここまでの言動を見る限り、どうやら筆者の懸念は杞憂であったようだ。とりあえずは安堵しつつ、泉新執行部の党運営を見守りたい。

立憲民主党にとって衆院選は「惨敗」ではなかった

10月の衆院選で公示前議席を減らし、枝野氏が辞意を表明した時、筆者は暗澹たる気持ちになった。旧民主党・民進党でさんざん見せつけられた党のゴタゴタが、再び繰り返されることを恐れたのだ。

筆者は今回の選挙結果が、枝野氏の辞任が必要だったほどの「惨敗」とは考えていない。公示前議席との比較ではなく、民主党が下野した2012年以降4回の衆院選における与野党の議席の推移に着目すると、やや違う風景が見えてくるからだ。

例えば、立憲民主党が今回獲得した96議席は、民主党下野後4回の選挙で野党第1党が獲得した議席としては最も多い。比例代表の得票数1149万2094票も、同様に過去4回の衆院選で最多となった。

国会議事堂 ※写真はイメージです - iStock.com/CAPTAIN_HOOK

「敗因は共産党との共闘」というレッテル貼り

また今回の選挙では、野党第1党と第2党の議席差が最も大きくなった。先の衆院選で野党第2党の日本維新の会の「躍進」が多くのメディアによって喧伝されたが、同党が獲得した41議席は、なお立憲民主党の半数以下に過ぎない。

これは「どんぐりの背比べ」状態だった野党の中から立憲民主党が頭一つ抜け出し、野党の中核として定着しつつあることを意味している。歩みは遅いが、小選挙区制が求める「政権を争う2大政党」という構図は、選挙を経るごとに確実に復元されてきたのだ。

だから筆者は、立憲民主党は目先の選挙結果に右往左往せず、これまでの取り組みをさらに押し進める方向で来夏の参院選に臨むべきだと考えていた。だが、多くのメディアや有識者らの外野は「公示前議席からの減少」という1点において選挙結果を「惨敗」と決めつけ、検証を待つこともなく敗因を「共産党との共闘」だとレッテルを貼った。ほどなく枝野氏は辞意を表明した。

候補者同士が和気あいあいとしていた代表選

所属政党に「排除」され、たった1人で党を立ち上げてからわずか4年。「政権選択選挙」と呼べる野党の「構え」を曲がりなりにも作った枝野氏の党運営を、少なくとも筆者は高く評価している。しかし、この辞任劇にはやや失望した。永田町の色に染まらない、旧民主・民進党とは違う政党文化を求めてきたはずの立憲民主党も、結局は「トップの首のすげ替え」で済ませるという、これまで同様の道をとろうとするのか――。

実際に代表選が始まると、その印象はかなり変わった。

泉、逢坂の両氏と、小川淳也元総務政務官、西村智奈美元副厚生労働相の4人の論戦は、過去の旧民主・民進党の代表選でしばしば見られたギスギス感がほとんどない、実に和気あいあいとしたものだった。理念・政策の面でも、力点を置く政策に違いはあっても、ニュアンスの差を超えるほどの大きな違いは見受けられなかった。

選挙戦ではしばしば「共産党との共闘はどうするか」「連合との関係は」「維新とは連携するのか」といった、政局がらみの問いが相次いだ。4人の姿勢の違い、さらに枝野前執行部の路線との違いをあぶり出す狙いのある問いだ。しかし、4人ともこうしたメディア好みの問いに安易に乗らなかった。代わりにそろって口にしたのが「党の足腰の強化」である。

枝野前代表は4年前に1人で党を立ち上げて以降、国民民主党や社民党の多くの議員を党に迎え入れて野党の中核としての立場を確立した上で、同時に衆院選における共産党などとの共闘関係を築き、どうにか「政権選択選挙」に持ち込んだ。だが「構え」はできても、地方議員や党員を増やすといった党そのものの地力を強化することまでは手が回らず、最後の最後で勝ちきれなかった。一言で言えば「時間切れ」であり、党勢拡大にはこうした地道な取り組みの「継続」が欠かせない。

4人は枝野氏の功績と限界を理解した上で、それを継承しつつ、見直すべき点は見直す必要性を訴えていた。頼もしく感じた。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    毒性は高くないオミクロン株 医師「気象庁の柔軟な対応を学べ」

    中村ゆきつぐ

    01月17日 09:28

  3. 3

    「なんで野党は批判ばかりなの?」立憲民主党の前議員に聞いてみた

    女性自身

    01月17日 09:58

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。