記事

「勉強が苦手な子」でも遊び感覚で続けられる…教育界で話題沸騰の教材「コグトレ」とは何か

1/2

「コグトレ」というプログラムが教育関係者に注目されている。もともとは、少年院の非行少年たちの認知機能向上のために作られたものだ。なぜ少年院以外の教育現場でも話題なのか。考案者で立命館大学産業社会学部の宮口幸治教授が解説する——。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/paylessimages

教育関係者なら聞いたことがある「コグトレ」

「コグトレ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。世間一般ではまだ聞き慣れない言葉かもしれないが、教育関係者のあいだでは誰もが一度は聞いたことがあるほど注目されている概念である。

「コグトレ」とはコグニティブ(認知)とトレーニングをかけ合わせた略称で、認知機能に着目した子供たちへの包括的支援プログラムである。現在、多くの小・中学校などで授業前に集中力をつけるために集団で取り組んだり、勉強が苦手な児童に対し個別に行ったりするのに加え、高齢者の認知トレーニングにも活用されている。今、なぜ「コグトレ」がここまで注目されているのだろうか。

『ケーキの切れない非行少年たち』の実態

2019年に私は『ケーキの切れない非行少年たち』という本を出した。医療少年院で勤務していたときの経験をもとに、世間にある犯罪者への誤解などを伝えなければいけないと思い執筆したものだ。驚くべきことに、凶悪犯罪を行った少年たちは「目の前にあるケーキを三等分する」といった簡単な課題に、うんうんと唸って苦しんでいた。彼らは勉強が苦手で、他者とのコミュニケーションもとるのがうまくない様子だった。ケーキをうまく三等分できない子供は、学校ではただの「勉強ができない子」として認識されることが多いが、実はそこに潜むその子たちの「認知機能の弱さ」や「認知の歪み」が気づかれてこなかったのだ。


宮口幸治『ケーキの切れない非行少年たち』(新潮新書)

また、彼らのほとんどが家庭での虐待や学校でのイジメ被害にも遭っていた。世間から恐れられ、そして憎まれる非行少年のイメージと明らかに異なる姿がそこにはあった。ある意味、彼らは被害者でもあり、被害者が新たな被害者を生みだすという悲しい現実があった。単に彼らを責め、罰を与えるだけでは解決にならない、そう感じたことが大きい。

『ケーキの切れない非行少年たち』を読んで、犯罪者をまったく違う視点でみるようになった、彼らを犯罪者にしないために教育の大切さを知った、といった感想をいただいた。ある意味、厄介だと思っていた身近にいる人たちの理解の仕方も知ることができた、ということも注目された理由の一つかもしれない。

約5年かけてつくった「認知機能に関する教材」

私自身、少年院に勤務する前は公立精神科病院でさまざまな子供たちを診てきた。そこでは彼らが抱える問題はよく分かるが、では具体的にどうしたらいいのか? となると、ほとんど投薬治療しか手段がなかった。あったとしても、いいところを見つけましょう、しばらく様子をみましょうと言って、その場しのぎをするくらい、具体的な術がなかったのである。そこに疑問を感じ、病院から少年院に移った。少年院では、「◯◯すべきだ」という評論家でなく、彼らが苦手なことをトレーニングして少しでも改善させてあげたいと思った。

当時は、体系立てられた認知機能に関する教材がほとんどなく、いろいろ調べ思い悩んだ挙げ句、自分でつくるしかない、自分でつくろうと決めた。それから何年も、教材をつくっては少年たちに試し、その反応を見て修正しながら、約5年の歳月をかけてコグトレを完成させた。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Feodora Chiosea

認知機能の向上は、社会性の獲得につながる

少年院の非行少年たちも最初は半信半疑だったが、グループで助け合いながら実践していくことで無理なく継続することができた。ドリルなどの教材と違い、遊び感覚でできるので、少年たちは答えを間違えても劣等感をもったり傷ついたりすることも少なく、楽しみながら取り組んでいた。

行動の変容を促す療法としては、認知行動療法が一般的である。しかし、学習の土台ができていない少年たちが認知行動療法に取り組んでも、その時は効果があるように見えても、少年院を出るとまた元の状況に戻ってしまうことも少なくなかった。しかし、コグトレによって少年たちの認知機能が向上することで、学習の土台(「見る力」「聞く力」「注意力」「記憶力」「想像力」)が鍛えられ、物事を自分なりに考えられるようになり、社会性の獲得につながるのだ。

そういった実践を講演会などで紹介するうちに、学校の子供たちにも使えるようにしてほしいという要望を多数いただき、ついに一般向けにも出版することになった。しかし、出版社も最初は予算がかけられなかったため、800枚近くある最初のテキストのシートは、私がWordで作成した図をそのままPDF変換したものだった。シートで使うイラストは絵の得意な知り合いに描いてもらったが、ほとんど私の自主制作だった。今ではコグトレの学会ができるほど幅広く学校や塾、家庭で使われるようになっている。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  3. 3

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  4. 4

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  5. 5

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。