記事

一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

音喜多氏が維新の政調会長に正式に就任したので、ボルテージが一気に上がったような感じがしないでもないが、維新が立憲民主党を超えて野党第一党のポジションを占めるのは、そう簡単なことではない。

立憲民主党は代表選挙をやり切ったことで、維新以上に改革スピリットを向上させてようである。

立憲民主党の新しい代表の泉健太氏が、共産党との共闘路線を既定路線のように見做していないのが立憲民主党のイメージアップには貢献しそうである。

泉健太、小川淳也の二人が全国を駆け巡るようになると、相変わらず松井代表と吉村副代表の2枚看板の維新より立憲民主党の方が改革政党のイメージをより印象付けられるようになるはずだ。

勿論、玉木さんの国民民主党も保守中道改革政党をアピールするだろうから、維新が非自民の保守中道改革支持層をすべて吸引出来るわけではない。

泉健太氏がどういう執行部を発足させ、具体的にこれからどういう活動を展開していくかに掛かっているが、維新の皆さんは立憲民主党や国民民主党の存在をあまり軽視されない方がいいだろう。

政策提案型の改革政党がいよいよ本格的に競い合う時代を迎えたようだ。

この新しい競い合いの中から、よりよい政治のスタイルが生まれてくればありがたい。

あわせて読みたい

「日本維新の会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。