記事
  • Sozen
  • 2021年12月01日 09:57

引き続き需要不安に圧される原油相場

原油相場は大きく反落です。前日引け後の時間外取引は$70/bblを挟んだ往来でしたが、その後は月末要因もあってか軟調な動きとなりました。

11月30日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$3.77安の$66.18/bblで、引け後の時間外取引は$67/bbl前後です。

新型コロナウイルス オミクロン株に対するワクチンの効果や重症化リスクについての懸念が行動制限への思惑となり、市場の空気を重くしています。

OPEC の増産量は予定よりも低水準に留まっていますが、需要不安が広がる中でそれを材料視する声は上がりません。

ロイターの調査によると、11月の OPEC 産油量は日量2,774万バレルで前月比同22万バレル増でした。サウジアラビアが日量11万バレル、イラクが同7万バレル増産しましたが、アンゴラなどの減少が全体の数字を抑えています。減産対象10か国の生産量は前月比日量23万バレル増で、合意増産量の同25万バレルをやや下回っています。

引け後に米国石油協会 (API) が発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は120~270万バレル減少の予想に対し前週比75万バレル減でした。3週振りの減少です。一方、クッシング原油在庫は前週比100万バレル増と前回に続く増加を示しました。

製品在庫はそれぞれ予想を大きく外れない範囲での増加です。

2021/11/30
NYMEX WTI Jan: $66.18/bbl ( -3.77 )
20日移動平均: $76.74 ( -1.11 )
ボリンジャーバンド
 +2σ: $86.34/ -2σ: $67.14
 幅: $19.20 ( +3.00 ) / 100日平均: $9.08
ボラティリティ
 57.04 ( +1.91 ) / 100日平均: 29.49

あわせて読みたい

「原油相場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    毒性は高くないオミクロン株 医師「気象庁の柔軟な対応を学べ」

    中村ゆきつぐ

    01月17日 09:28

  3. 3

    「なんで野党は批判ばかりなの?」立憲民主党の前議員に聞いてみた

    女性自身

    01月17日 09:58

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。