記事

料理中にコンロの火が長袖の服に引火 「着衣着火」の危険を消費者庁などが呼びかけ

冷え込みが厳しくなり、室内でも長袖の服を着用する場面が増すこの時期、料理などの際に、身につけている衣服に火が燃え移る「着衣着火」に注意するよう消費者庁が呼びかけている。

同庁によると、衣類への着火により毎年約100人が死亡。そのうち8割以上が65歳以上の高齢者という。

住宅内での出火原因は「コンロ」が最も多く、仏壇の「ろうそく」などが続く。屋外ではたき火やゴミの焼却などが原因で着火するケースがあり、長袖を着る機会が増える冬は特に注意が必要だ。

Getty Images

火災死亡の約1割を占める着衣着火 火に当たらず燃え移るケースも

消防庁の統計によると、2015〜20年の6年間のうち、放火自殺等を除く火災による死亡者は6,944人。そのうち、着衣着火による死亡者は572人と約8%を占める。

消費者庁によると、住宅内で着衣着火が起きるのは、料理中の引火など、コンロ使用時が最も多く、仏壇の掃除やお供え時にろうそくから着火するケースが続く。屋外ではたき火や木材・ゴミの焼却、野焼きなどの際に着火するケースがあるという。

同庁が火を扱う際に注意するべきとするポイントは以下の4点。

特に

・パイル、タオル地
・表面を起毛した生地
・綿やレーヨンなど植物繊維使用の素材
・着古して表面が毛羽立っている衣服

などの素材は表面に火が一気に広がる「表面フラッシュ」現象が起きやすく注意が必要だ。

また、火が直接当たっていなくても、火から放射される熱により衣服に着火する場合もあるという。

走り回るのはNG 着火したら脱ぐ・叩く・水をかける・転がるで消火

もし衣服に着火した場合は、

などの対処を行い、消火後はすぐに119番通報。やけどを負った場合は衣服を無理に脱がず、服の上から水で冷やし続け、医療機関を受診することが大切だ。

同庁消費者安全課の担当者は「"服は燃えるもの"という認識を持って、危険な状況では火を取り扱わないことを徹底してほしい」と呼びかけている。

あわせて読みたい

「火事」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  3. 3

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  4. 4

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  5. 5

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。